北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒトデでシカ食害防止 漁の厄介者を畑で活用 JAとまこまい広域 鵡川漁協から6トン

とまこまい広域農業協同組合(JAとまこまい広域)は今年度、海に生息するヒトデを畑にまき、シカなどによる食害の防止を試みる。強い臭いを放つヒトデは、農業者にとって害獣の忌避剤となるためで、鵡川漁業協同組合の協力を得て約6トンを無償で受け取った。漁業者には漁業被害を発生させる厄介者の存在であることから、農業者と漁業者相互に有益な取り組みとなることが期待されている。

鵡川漁協厚真支所で行われたヒトデが入った袋の積み込み作業(3月15日)  

ヒトデは、強い臭いに虫よけや害獣よけ効果があるとされており、乾燥させて砕いた粉末を詰め込んだ商品などが忌避剤として販売され、農業者などに活用されている。一方、貝類の食害を発生させるほか、漁網に掛かると漁獲効率を低下させるため、漁業者は廃棄物として処分している。

 JAとまこまい広域と鵡川漁協は日ごろから、町商工会や農協などの各青年部でつくる「あつま新鮮組」の活動を通じて連携しており、ヒトデの有効活用について模索。同漁協で大量に捕獲した際、関係者で相談し、農業者に提供することを決めた。

 安平町の農業、小西和也さん(58)は3月15日、トラックを運転して同漁協厚真支所を訪れた。ヒトデは200~300キロ入りの袋が26袋あり、鵡川漁協の漁業者4人がフォークリフトで積み込んだ。小西さんは「畑にシカが入るので困っている。乾燥させたヒトデをまいて来なくなるか、効果を見たい」と話した。

 同漁協でのヒトデの捕獲量は、2018年9月の胆振東部地震以降、減っていたが、今季は増えてホタテ貝への食害も見られたという。同漁協は「今まで(コストをかけて)処分していたヒトデの活用につながり、農家の方に利用してもらえると大変ありがたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス