北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭商工会議所創立100周年 百寿の節目盛り上げ、交流フェスタなど事業多彩【室蘭】

100周年の節目を迎えてさまざまな記念事業を展開する(写真は99周年事業より)

 室蘭商工会議所(中田孔幸会頭)は今年、創立100周年を迎える。99周年の白寿だった昨年は、無料循環バスの運行やスタンプラリーなどを中島地区で開催して、地域循環の手法を整えてにぎわいづくりに臨んだ。百寿を迎える2024年は、中央・中島地区再生プランの具現化や市民も参加できる会員交流フェスタ(拡大会員交流会)の開催、記念式典などを通して節目を盛り上げる。

 99周年事業として、らんらん橋でのビアガーデンや知利別川のナイトクルーズ、まち中を巡るスタンプラリーの開催、コミュニティーバスの運行など中島地区のにぎわいづくりを図った。空き店舗を活用したまちなかキャンパスでは親子連れが多く訪れており、各事業を通して多世代がまち中に集うきっかけづくりとなった。

 100周年の事業も盛りだくさん。中央・中島地区再生プラン実証事業として、実現に向けた組織「(仮称)中央・中島地区再生コンソーシアム」を設置する。中央地区では空き地や空き物件の調査を行い、物件や所有者の意向と需要ニーズを把握する。中島地区では昨年実施した各事業をベースとして回遊軸の活用策を探る。

 記念誌製作や室蘭やきとりの会との共催イベント、市民も参加できる会員交流フェスタ(拡大会員交流会)、室蘭市自衛隊協力会創立60周年記念との共催イベントなども計画している。

 記念式典は創立記念日である11月6日に、室ガス文化センター(幸町)で行う。記念動画を制作して上映するほか、創立60周年の際に測量山唐松平に埋めたタイムカプセルを開封する。記念講演なども行う予定だ。

 1924年に室蘭商業会議所として誕生して以来、戦前戦後、高度経済成長、少子高齢化時代といった時代の移り変わりとともに、地域課題解決と経済振興に努めてきた。100周年もさまざまな事業に展開して、地域活性化に全力を注ぐ。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス