北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

最新技術で災害に強く 工学院生、登別のまちづくり検討【登別】

減災ドローンや仮想空間を活用

災害に強いまちづくりについてプレゼンする学生

 北海道大学公共政策大学院による「防災・減災・レジリエンス ウインタースクール」が、登別市札内町の日本工学院北海道専門学校で行われた。情報処理科・ITスペシャリスト科の学生が、まち(登別市)に災害が発生した場合の防災から減災、復旧・復興のプロセスについて考えた。

 18日から3日間にわたって同科の9人が参加し、3チームに分かれて実施。講師は北海道大学公共政策大学院の加藤知愛学術研究員。初日に災害に強いまちをつくるための考え方、2日目に3チームのテーマに沿ったワークショップが行われた。

 最終3日目にまとめのプレゼンテーションが行われ、各チームが「減災ドローンを使った防災」「ポータルサイトを活用した防災」「仮想空間を使用」をテーマに発表した。

 うち「減災ドローンを使用した防災」は、ドローンとまちの地形、非難経路などを盛り込んだポータルサイトを使って、逃げ遅れた人たちの誘導や物資不足の場所に届ける方法を説明した。

 また、AIによる自動飛行や経路判断の難易度の高さ、座標のずれなどの課題を挙げた。

 情報処理科1年小林奏太さん(23)は「授業を通して深く考え、自分たちのアイデアで災害に強いまちづくりを提示できるのは、とても勉強になる」と話した。

 2023年度、同校、登別市、北海道大学公共政策大学院防災政策プロジェクト拠点防災研究ユニットが登別防災ラボ開催や市の防災システム構築の取り組みを行っており、今回もその一環で行われた。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス