北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

堀江さんプロデュース ふるさと納税返礼品 第1弾は「至福のいくら」【大樹】

 大樹町にゆかりの深い、実業家の堀江貴文さん(51)=IST・インターステラテクノロジズ創業者=プロデュースの「大樹産食材を使用したふるさと納税の返礼品シリーズ」が始動した。第1弾として鮮度にこだわった高級イクラを発売、第2弾はツブ貝のだしを利かせたラーメンなどを予定している。軌道に乗れば畜産品や乳製品にも広げ、大樹の発信に一役買う。

イクラの商品を皮切りに大樹発の返礼品シリーズを始めた(右から)堀江さんと三原さん

 堀江さんが主宰するオンラインサロンの会員で、東京・兵庫のケータリング会社経営三原一馬さん(40)が事業を担う。三原さんは昨年秋、現地法人「ビショクルfrom大樹町」を立ち上げ、町三条通18の食堂跡に会社兼工房を構えた。

 堀江さんはロケット開発のISTの資金調達でもふるさと納税を活用してきた。今回、町や漁協などの協力を取り付け、関心のある食の分野で、ふるさと納税を活用した地域応援型のビジネスモデルを実践する。

 第1弾の「至福のいくら」(400グラム、寄付額3万6000円)は、大樹で水揚げされたサケからその日のうちにイクラを取り出し、みそベースの調味液に漬ける鮮度第一の商品。ペットボトル容器に詰めており、そのまま、ごはんにかけて食べる。

大樹産のイクラを使った返礼品「至福のいくら」

 第2弾の食材は、堀江さん、いち押しのエゾバイツブやトウダイツブ。重視するのは貝から取れるだし。ツブ貝のだしで作るラーメンは「スーパーうまい」(堀江さん)といい、総務省の許可が下り次第、デビューさせる予定だ。

 堀江さんは「ツブはアヒージョにも使えるし、最近十勝でも水揚げされるブリは生ハムにしたら面白い。大樹は『宝の山』。豚肉の加工品やチーズの構想もある」と語る。

 三原さんは「ケータリングのノウハウを生かして大樹の食を発信したい。全国の食材とコラボもできたら」と話している。問い合わせは三原さんのケータリング会社「セカンド・テーブル」(050・3155・1635)へ。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス