北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館山山頂展望台の混雑解消、魅力向上へ 市が新年度から取り組み【函館】

大勢の市民や観光客で混雑する屋上展望台(提供)

 函館市は新年度、函館山ロープウェイ(浅井忠美社長)での山頂展望台の混雑緩和に向け「函館山夜景魅力度向上事業」に取り組む。実証実験を行い、観光客や市民が屋上展望台に集中するのを避け、漁火公園や山頂広場、山頂展望台の各フロアからも景色を楽しみ、回遊性を高める。事業は委託業者をプロポーザルで募集し、8月に運用を始める。

 屋上展望台は、昨年5月の新型コロナウイルス5類移行後、日本人観光客が回復し、台湾人を中心とした外国人観光客増加の影響で、函館山を訪れる来場者が増加。また、近年の見物客の特徴で、SNSや動画投稿サイト「ユーチューブ」での人気拡大もあり、スマートフォンで日没や夜景の動画を撮影するなど滞在時間が伸びている。こうした理由で山頂で混雑が生まれており、実験は来場者の集中を分散するのが狙い。

 市は、雲海テラスで人気を集める星野リゾートトマムに着目。2021年にリニューアルオープンし、メインデッキ以外に山道に沿って設置した6カ所の展望スポットがあり、違った角度から雲海の絶景を楽しめる。一点に集中しないよう工夫を施し、周遊も楽しめ人気を集めている。

 市観光企画課によると、繁忙期に函館山を訪れた観光客のアンケートで「人垣が3重、4重、5重にも混雑し、十分に見ることができなかった」「せっかく来たのに残念」という声が多く寄せられた。委託業者から撮影スポットの新設や、イルミネーション設置、ライトアップなど来場者の動線が活性化する提案を見込む。

 同課は「他都市の事例をヒントに回遊性を改善し、定番の構図のほか、他の眺望スポットをPRしたい」としている。

 市は、実証実験のほか、函館山登山道の渋滞が昨年、多かったことを踏まえ、交通規制期間以外で初めて交通量調査を4月8~18の11日間で行う。事業者は競争入札で決め委託し、タクシーやバス、自家用車の割合を分析する。両事業の予算は815万円。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス