北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

台湾観光客に冬の道南売り込み 函館コンベンション協会が魅力発信動画 モニターツアーで掘り起こし【函館】

大沼国定公園でワカサギ釣りを楽しむ様子を撮影したモニターツアー(23日)

 函館国際観光コンベンション協会(森健二会長)は、国際定期航空便就航で増える台湾人観光客の道南周遊観光を促進しようと、プロモーション動画の作成に着手した。課題とされる冬場の魅力を紹介するため、道南在住の台湾人によるモニターツアーを実施し撮影。2月末に動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を予定し、一層の旅行需要喚起につなげる考え。

 函館市がまとめた2018年度の訪日外国人宿泊客数の国別構成割合をみると、台湾人観光客は全体の半数近くを占める。航空路線はコロナ禍で長期運休を余儀なくされたが、23年5月に台湾の格安航空会社・タイガーエア台湾による函館―台北(桃園)の定期便が3年3カ月ぶりに再開した。2月1日にはスターラックス航空が新たな定期便を就航する。

 国際航空路線の再開で台湾のインバウンド需要が回復傾向にある中、道観光振興機構道南地域分科会と共に動画作成を企画した。閑散期とされる冬場の観光コンテンツの掘り起こしは喫緊の課題だ。ツアーでは函館のみならず、広く道南地域にコースを設定し、随所に体験型観光の要素も取り入れた。

 モニターツアーは23~25の3日間実施した。函館市内の主婦、リュウ・ジェンナさん(55)、七飯町在住で北海道国際交流センター(HIF)勤務のチン・メイシュウさん(38)の2人が参加した。

 鹿部の道の駅しかべ間歇泉公園や大沼国定公園を訪れたほか、函館七飯スノーパークでは雪原を歩くスノーシューを体験。大沼でワカサギ釣りに挑戦し、釣った魚はその場で揚げて味わった。2人は「台湾にワカサギ釣りはない。大沼はJRの駅があってアクセスが良く、台湾人に人気なエリア。動画を通じて道南の魅力を伝えたい」と話した。

 七飯と木古内の道の駅、北斗のトラピスト修道院を撮影したほか、松前町の松前城で歴史の説明も受けた。「五稜乃蔵」や「郷宝」といった地酒の利き酒も体験した。桧山管内についても上ノ国町の上ノ国ワイナリー、乙部町の滝瀬海岸を訪問、江差追分会館で「江差追分」に触れた。動画は10分程度に収め、台湾人向け字幕には繁体字を使用する。

 コンベンション協会の高松義彦係長は「例えば、松前城というとサクラのイメージだが、一味違った冬の魅力も発信できたのでは。雪景色の道南も楽しんでもらうため、より多くの人に見られる動画にしたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス