北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

人材育成へ室工高と連携 室蘭・登別・伊達の建設業団体【室蘭】

8日協定、企業実習を試行

室蘭、登別、伊達の3市の建設業の団体と企業実習に関する協定を結ぶ室蘭工業高校

 室蘭、登別、伊達の3市の建設業の団体と室蘭工業高校(川村広幸校長)が企業実習連携に関する協定を結ぶ。高校生のうちからより専門性の高い知識と技術を身に付け、地域産業を支える人材の育成が狙い。背景には業界が抱える働き手不足がある。本格的な開始は2026年度だが、24年度から試行的に授業をスタートさせる。

 室工は、間口減に伴い、25年度に建築科と環境土木科が統合し、建設科が新設される。同校は毎年、卒業生のうち約7割が地元企業へ就職しており、室蘭のものづくり産業を支えている。

 2学科が一つになるため、定員は80人から40人と半減する。道路や水道、トンネル、橋の整備など生活インフラを支える建築、土木系の技術者不足につながる危機感を共有し、連携するに至った。

 室蘭市建設業協会、登別建設協会、伊達市建設協会の所属企業が、生徒向けの企業実習を年間を通して実施することで、建築、土木系の専門的な知識や技能習得の支援が狙いだ。

 実習は年間40時間。対象は2年生。企業の技術者が講師となり授業する。逆に生徒が実際に現場に足を運ぶことも想定している。授業内容は今後詰めるが、主に建設の基礎知識や技術、安全意識とリスク管理の育成、環境問題や省エネルギー、防災と専門技術者などになりそう。

 室工の川村校長は「技術者から指導を受けることは、生徒にとって良い学びとなり、教員にも良い影響になる。生徒たちが『社会インフラを支える人材になる』という意識を持って取り組んでいけたら」と話した。室蘭市建設業協会の橋詰昌明会長は「建設業の仕事が、どのようなことをするのかを早い段階で知って、興味を持ってもらうことで、人材育成につなげられたら」と述べた。

 2月8日に室蘭市内で締結式を開き、協議会を立ち上げる。協議会にはオブザーバーとして室蘭市と室蘭商工会議所も参加する。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス