北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

もっちり食感、食べてみて ファミマ登別幌別2丁目店考案“あんこパン”【登別】

道内・東北で販売開始

ふわもち食感のホイップ&つぶあんパンを持つ島田さん(左)と鈴木さん

 ファミリーマート登別幌別2丁目店(登別市幌別町、島田順一店長)の店員が考案した菓子パン「ふわもち食感のホイップ&つぶあんパン(求肥入り)」(税込み160円)が、23日から北海道・東北地方のファミマで販売が開始された。同店マネジャーの島田寿栄さんと店員の鈴木美樹子さんは「私たちの思いが詰まったパン。いろんな人に食べてもらいたい」とPRしている。

 ファミマでは、店員が商品を考案する「わくわく働けるお店」を目指した取り組みを進めている。今回は加盟店参加型商品開発企画「地域対抗!あんこパン王決定戦」として、全国から2502点の応募があり、全国9エリアで販売する9点を決めた。

 島田さんと鈴木さんが考案したあんこパンは、もちっとした生地でつぶあん、和菓子に使われる求肥(ぎゅうひ)を包み、ホイップクリームを注入し「外も中ももちもち。私たちの好きなものが全部詰まっている」とのこと。

 新商品の開発に当たっては、昨年5月下旬~6月中旬にアイデアの募集があり、鈴木さんが描いたイラスト付きで応募。選考や投票を経て8月上旬に北海道・東北エリア代表として販売が決定し、商品化に向け半年間かけて試食などを繰り返してきた。

 商品開発を担当した同社商品本部地区MD部北日本地区MDグループの眞下昌久さんは「ホイップクリームとあんこは今のトレンドに合った組み合わせ」と話す。島田さんと鈴木さんは「最初の試食からおいしかったが、何度も足を運んでもらいもっとおいしくなった」と納得の出来に仕上がった。

 23日に販売を開始したところ、同店では早くも売り切れに。2人は「普段はパンを買わないお客さんも買ってくれた。自分たちの考えた商品が道内や東北でも売られていると思うと、信じられない気持ち」と感激している。

 販売期間は2月19日まで。全国9エリアのうち、総合評価1位の「あんこパン王」に選ばれると、後日再販売される。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス