北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

試行錯誤、自慢の逸品 「大粒くま納豆」全国優秀賞、道南平塚社長「結果出てうれしい」【登別】

「北海道の大粒くま納豆」を持つ平塚代表取締役

 登別市幌別町の納豆製造業・道南平塚食品(平塚正雄代表取締役)の「北海道の大粒くま納豆」が、11月に長野県で開催された第27回全国納豆鑑評会で優秀賞となる「全国農業協同組合連合会経営管理委員会会長賞」を受賞した。今回で9回目となる入賞に平塚代表取締役(66)は「毎日試行錯誤しながら納豆づくりを行っている。苦労した分、結果が出て大変うれしい」と喜んでいる。

 鑑評会は全国納豆協同組合連合会(東京)が主催。全国69メーカーが180点を出品した。研究者、文化人、食品・省庁関係者など15人の審査員が、外観、香り、味・食感の3項目に点数を付けた。

 大粒・中粒部門(56点)に出品した「北海道の大粒くま納豆」は昨年販売を開始。大粒で甘みのある道産の大豆「とよまさり」を使用し、柔らかく、ふっくらとした炊き方にこだわった。パッケージは札幌のデザイナーに依頼し、かわいらしいクマが描かれている。

 3パックで216円(税込み)とリーズナブルな価格設定で、大粒で高級志向の「豆の文志郎 鹿角納豆」「ブルース納豆」との差別化も図っている。

 同社に隣接する直営店の納豆専門店「豆の文志郎」で販売。パッケージには受賞を知らせるシールを貼っている。問い合わせはフリーダイヤル0120・08・7210へ。

関連記事

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

釧路新聞

初夏の屋外で食楽しむ きょうまでキッチンカー催事

 釧路市役所防災庁舎前広場できょうまで、釧路市と釧路町に拠点を置くキッチンカーが集まる「くしろキッチンカーEXPO」(北海道キッチンカー協会主催)が開かれている。初日となった夏至の21日は、市民や...

室蘭民報

先輩の味アレンジ、ジャージャー麺 登別青嶺高、完成品は学校祭で【登別】

 登別青嶺高校(坪井克彦校長、317人)の3年生が、市の特産品を利用したジャージャー麺の試食を行った。試食会には地域おこし協力隊なども参加。さらに改善を加え7月5日、6の両日同校で開かれる学校祭...

十勝毎日新聞

地サイダー「幕別いちご」 14種類目の販売開始【十勝】

 十勝管内の名産品を使ったご当地サイダーの開発に取り組む十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は22日、14種類目となる「幕別いちごサイダー」の販売を開始する。同研究会によると幕別の地サイダーは初め...

十勝毎日新聞

管内の4工房入賞 初の「国際基準」チーズコンテスト【十勝】

 「フロマジェ」などチーズの専門家育成に取り組む、日本チーズアートフロマジェ協会(東京)が2日に開いた品評会「第1回アルティザンチーズアワード」で、十勝野フロマージュ(中札内)など十勝管内の4工房...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス