北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

一年間の学びや成果を発表 荻伏小5年生 田んぼの学校「収穫祭」【浦河】

一年間での学びの成果を発表する荻伏小5年生

 浦河町立荻伏小(櫻井亮校長)の5年生12人が今年度取り組んできた米作り体験学習「田んぼの学校」の成果発表などを行う「収穫祭」が22日、同校多目的ホールで開かれた。保護者をはじめ、児童の活動を支えてきた浦河土地改良区や日高振興局など関係者が参観し、児童たちの発表を感心しながら聞いていた。

 田んぼの学校は、浦河町土地改良区(宮内修理事長)が姉茶・富里・東栄地域の人たちで構成する「姉富東ふるさと守り隊」と町、町教委、日高振興局と協力し、地元の子どもたちへ米づくりを通して農業について理解してもらおうと毎年実施している体験授業。浦河東部小と荻伏小の5年生を対象に、総合的な学習の時間で5月の田植えから、夏には稲の生長観察や雑草の除去、秋の稲刈り、籾すり、精米までの米づくりの一連の農作業を体験する。

 今年の米づくり体験は、米の育成状況が良好だったこともあり、例年よりも早い10月に籾すり・精米を行い終了した。

 収穫祭では、一年間の米づくりの過程を振り返りながら、体験で学んだことや米について自分たちで調べたことをまとめた意見を一人ひとり発表。米の産地別生産量や北海道米の名前の由来、品種などのほか、「お米を食べると体に起きること」として、米の栄養成分や美容液にも活用されているといった新たな気づきなどをまとめた児童もいて、参観者らは感心した様子で聞き入っていた。

 児童たちの発表を聞いて町土地改良区の宮内理事長は「みなさんは夏にぐんぐん伸びる成長期を過ごす稲と一緒。食事をしっかりとっていろいろな栄養を吸収しさまざまな体験をして、感謝の気持ちを持ってこれからも大きく育ってください。どの子も大変立派な発表だった。おじさんたちの方が勉強になりました」と感想を述べた。

 最後に、児童を代表し深澤玲菜さんが「この一年の体験を通して、米作りの大変さ、食のありがたさを改めて知りました。米づくりのことを教えていただきありがとうございました」とあいさつし、全員で声をそろえて「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えた。

 この日、児童たちは午後からの発表を前に、午前中に行われた親子レクレーションで調理を行い、自分たちが育てた米を炊いてカレーライスで試食したほか、“塩むすび”を作り、収穫祭終了後に参観に訪れた町土地改良区や姉富東ふるさと守り隊などへ振る舞った。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス