北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商生考案「ゆりねと小豆のコロッケ」 イオンで販売【帯広】

 イオン北海道(札幌市)は、帯広南商業高校クッキング部(東井咲詠部長、18人)とサンマルコ食品(札幌市)が共同開発した「ゆりねと小豆のコロッケ」を25、26の両日、全道のイオン37店で販売する。イオン帯広店などでは23、24の両日も販売する。全道6高校と進めるイオン道産デー企画の一環で、十勝の高校とのコラボは初。

コロッケをPRするクッキング部員

 同企画は地域連携や高校生応援の一環で2017年に1校からスタートし、断続的に実施。今年は帯南商高など道内6高校が参加した。同部はこれまでも数多くの大会などで活躍。サンマルコ食品は「男爵コロッケ」などで知られる冷凍食品製造会社。同部が今春にイオン側から依頼を受けてレシピ開発し、サンマルコと試作や改良を重ねた。

 イオン北海道によると、蒸したユリ根にゆでた小豆を混ぜたジャガイモベースのコロッケ。1個128円(税別)。同部顧問の松原明香教諭は「素材のほんのりした甘さが感じられる商品。幕別の特産の一つユリ根、十勝を代表する小豆を前面に出したメニューを通じ、全道の人に十勝を知ってほしいとの思いで、3年生を中心に開発した」と話していた。

ゆりねと小豆のコロッケ(イオン北海道提供)

 同商品は23~26日、イオン帯広店と十勝管内のマックスバリュ全7店で販売する。25、26の両日は帯南商高を含め、6校のコロッケがイオン帯広店で買える。他は「ガパオ風」(紋別高)、「らむチー」(苫小牧総合経済高)など。

 23日の一部の時間、帯南商高クッキング部の生徒がイオン帯広店などで店頭に立ち、商品PRをする予定。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス