北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

希少材 木を愛する人に 斎藤さん 市内自宅で25、26日に即売【帯広】

 帯広市で半世紀以上にわたって木材関係の塗装会社を経営してきた斎藤明男さん(93)が、長年に渡って仕事や趣味で集めた一枚板や木製品などを販売する即売市を自宅で開く。会場となる自宅は、26年前に十勝産のカラマツをふんだんに使って建てた自慢の建物で、こちらも買い手を探している。

長年集めてきた一枚板と斎藤さん

 斎藤さんは1930年稚内市生まれ。稚内高校を卒業後、旭川市の塗料販売店に勤め、58年に帯広市内で塗料販売会社を立ち上げた。木材に特化した塗料・塗装コンサルタント会社「ウッディワールド」もつくり、60年以上にわたり木材の普及に取り組んできた。

 地元では、木材塗装の分野で次々と先駆的な取り組みを展開してきたことでも知られる。木材塗装の色見本帳として、樹種ごとに114色の木片をそろえた「ウッドテクニカルカラーバイブル」は、88年の国際見本市「ジャパンショップ」で道内の企業として初めて「システム開発賞」を受賞した。

 卓越した木材塗装の技術を生かして、塗装した木片を組み合わせたモザイク画「ウッドピクチャー」も開発した。「釧路幣舞橋の夕景」や「十勝平野」など、地元の風景を切り取った大作が残る。

 ウッドピクチャーの一部は、斎藤さんの長女・鈴木知子さん(61)が帯広市内で来年1月にオープンする画廊バー「みずなら」で展示するという。

 希少な一枚板など愛着のある品々を手放す決心をした斎藤さんは、「木に関わる仕事を90歳近くまで続けられて幸せだった。板にしても自宅にしても、木の好きな人に買ってもらいたい」と話している。

 斎藤さん宅(帯広市桜木町東4線92)の即売市は、25、26日の午前10時~午後3時に実施(事前申し込み不要)。斎藤さん収蔵の骨董(こっとう)品や木工品、絵画なども販売する。当日は自宅内部の見学もできる。

十勝産のカラマツをふんだんに使って建てられた帯広市桜木町の住宅

関連記事

函館新聞

函館で熱戦「王位戦第2局」 昼食にイカ料理やすし【函館】

 将棋の藤井聡太王位(21)=竜王・名人・王座・棋王・王将・棋聖=に、渡辺明九段(40)が挑戦する「伊藤園お~いお茶杯第65期王位戦七番勝負」(新聞三社連合主催)の第2局が17日、函館市湯川町1...

函館新聞

ハグロトンボ、北斗市内で捕獲 道内初確認、既に定着か【北斗】

 【北斗】本州以南が生息域で、真っ黒な羽を持つハグロトンボが北斗市内で捕獲された。北海道トンボ研究会(札幌)によると、これまでは青森県内が北限の生息域とされ、道内で目撃報告がない種類で初めての確...

日高報知新聞

より良い町を考える 平取町小学生議会 10人が身近な課題を質問【平取】

【平取】町教委主催の平取町小学生議会が8日、町役場議事堂で行われ、町内5校の6年生から選ばれた10人の“議員”が身近な町の課題を質問した。  昨年に続き3回目の開催。  開会で松田拓美教育長は...

日高報知新聞

町内外から1万6千人来場 第28回にいかっぷふるさと祭り【新冠】

【新冠】新冠の夏のイベント「第28回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が13、14日の両日、旧JR新冠駅前広場周辺をメイン会場に開かれ、町内外から2日間で1万6千人が来場してみこし本練りや歌謡シ...

釧路新聞

「恋問海岸」演歌に 山口ひろみさん新曲披露【白糠】

 【白糠】演歌の大御所``サブちゃん、、こと、北島三郎さんの最後のまな弟子、山口ひろみさんが白糠町のロマンチックな観光スポット「恋問海岸」を歌った新曲を17日、テイチクレコードから発売。これを記念して...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス