北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

やきとり大学21年ぶり復活 先代店主の孫2人 秘伝のたれ受け継ぐ【帯広】

 2002年に帯広市民に惜しまれながら閉店した「やきとり大学」が、20日に市内中心部に復活する。かつての店主夫妻の孫2人が秘伝のたれのレシピを受け継ぎ、地元で長年親しまれた味を再現する。

炭火で焼き鳥を焼く武田さん(右)と天満さん

 21年ぶりにやきとり大学を開店するのは、先代店主の孫に当たる武田紗弥さん(31)と天満建太朗さん(32)。ともに飲食業の経験があり、一緒に祖父母の店を復活させようと意気投合した。秘伝のたれに加え、店のトレードマークだった「ひげの学長」のイラストも引き継いだ。

 やきとり大学のルーツは戦後間もない1948年、2人の曽祖父母の宮崎作松さん、フミさん夫妻が市内西2南8で始めた焼き鳥屋台だ。何度かの移転を経て70年に一度閉店したが、2年後に息子で先代店主だった宮崎隆弘さん(故人)、紀子さん(83)夫妻がやきとり大学(西3南10)として継承した。秘伝のたれにくぐらせた炭火焼きの焼き鳥が評判の繁盛店だったが、99年に隆弘さんが亡くなり、2002年に紀子さんが店を畳んだ。

 紀子さんが金庫にしまっていたという秘伝のたれのレシピは、創業者夫妻が焼き鳥屋台開店時に市内の百貨店「藤丸」の食堂コックに習ったものだと伝わる。しょうゆをベースに調合した絶妙の甘辛さが特徴で、ドロっとしているために肉によくなじむ。

 新しい店は、小さい時から気心の知れたいとこ同士が共同で営む。焼き鳥を中心に、先代の店の看板料理だった納豆チャーハンや武田さんが得意な大皿のおばんざいも並ぶ予定だ。

 高校卒業時から店の復活が頭にあったという武田さんは「亡くなったおじいちゃんもすごく喜んでくれていると思う。開店が楽しみ」と笑顔を見せる。天満さんは「身内でやる安心感はあるけど、秘伝のたれで復活するのでしっかりやっていきたい」と気持ちを引き締めている。

 新しいやきとり大学は、東1条通に面した帯広市東1南12ノ8(電話0155・65・0878)。焼き鳥はテークアウトもでき、営業時間は午後4時~同10時。日曜定休。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス