北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

大麦パンの可能性 研究者がはるこまベーカリー訪れ太鼓判【帯広】

大麦配合パンを前に意見交換する(左から)吉岡さんと栗原社長

 大麦研究で知られる吉岡藤治さん(60)=茨城県=が8日、帯広市内のパン店「はるこまベーカリー」(西19南5、栗原民也社長)を訪れた。同店の大麦を配合したパンを試食し、栗原社長(62)と大麦に関して情報交換した。

 大麦は水溶性食物繊維のβ-グルカンを多く含み、腸の活動を活発にする効果がある。一方、大麦粉はパンで使用すると仕上がりが難しく、普及は進んでいない。

 同店は大麦の健康効果に着目。昨年9月から、大麦粉を3割配合したパンを販売している。吉岡さんはこれまで、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)で大麦の育種を長年担当。栗原社長が面会を熱望し、吉岡さんが来帯した。

 吉岡さんはパンを試食し、「食べやすくておいしい」と高く評価。同店で使用する旭川産大麦粉「キラリモチ」はβ-グルカンを6~7%含んでいるが、吉岡さんは新品種「サンサンファイバー」がβ-グルカンを18%含有していることなどを説明した。

 大麦の生産はビール用が主で、十勝ではパン用は作られていない。栗原社長は「大麦研究の第一人者に出会えてうれしかった。これをきっかけに大麦粉のパンをさらに広めたい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス