北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

バス運転体験会に83人 釧根連携 人材確保へアピール【釧路市】

試験場のコースで運転体験する参加者(右)

 深刻な運転手不足に悩む釧路、根室のバス会社3社(くしろバス、阿寒バス、根室交通)と行政が連携して企画した運転体験・合同就職相談会が11日、釧路運転免許試験場(釧路市大楽毛北1)で開かれ、予想を上回る83人が来場した。このまま運転手不足が続けば地域の足が維持できなくなる恐れがあることから、バス会社では人材確保へ懸命のアピールを行っている。

 バス運転体験・合同就職相談会は4年ぶり3回目の開催。2018年に釧路で開いた第1回の来場者は45人、20年に中標津で開いた第2回は15人だったが、今回は午前10時の開場時に50人近くが受付で列をつくった。運転体験は実際に3社が運行するバス1台ずつを使い、試験場のコースを1周するというもので、延べ143人が参加した。定年を迎えるのを機に子供のころからの夢だったバス運転手を志望している釧路市の高橋美行さん(60)は「普通車とブレーキの感覚が違ったが、視界が高いので見やすかった」と感想を話していた。

 合同就職相談会では3社がそれぞれブースを設け、仕事内容や労働条件、大型2種免許取得制度などを説明し、40人が参加。転職を考えているという釧路市の女性会社員(42)は「もともと運転の仕事に興味があったので、運転手不足の話を聞いて来てみた。給料や休暇の話も聞けて良かった」と話していた。

 バス業界では、運転手の高齢化や人材不足に加え、法改正で運転手の休息時間確保などが必要となる「2024年問題」への対応を迫られ、くしろバスでは10月のダイヤ改正で減便を実施している。同社の畑毛正文参事は「特に、貸し切りバスのシーズンは運転手が足りないが、高齢で退職する運転手も多く、その補充が課題。少しでも採用につながってくれれば」と期待していた。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス