北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

炭鉄港イベント多彩 スタンプラリースタート、18日に文化財バスツアー【室蘭】

新型コロナの5類移行で炭鉄港遺産を訪れる見学者が増えている(提供写真)=室蘭・輪西神社

 日本遺産・炭鉄港をテーマにした遺産巡りなど多彩な企画が脚光を浴びている。8日からは食文化にスポットを当てたスタンプラリーがスタートし、室蘭市内の構成文化財を回るバスツアーは申し込みが殺到する盛況ぶり。新型コロナウイルスの5類移行で、文化財目当てで遠方からの来訪者も増えている。

 炭鉄港は室蘭(鉄鋼)と空知(炭鉱)、小樽(港湾)3地域と各地をつなぐ鉄道を舞台にした近代化産業遺産群。2019年5月に日本遺産に認定され、まち歩きツアーや炭鉄港めしの販売などで歴史文化に触れるさまざまな取り組みが進められている。

 スタンプラリーは、炭鉄港推進協議会が企画した。室蘭市など炭鉄港エリア13市町の飲食店などを巡り、QRコードを読み取りスタンプを集める内容だ。

 スタンプを10個集めると抽選で13人に炭鉄港地域の特産品が当たるほか、5個でもフォークやスプーンなどのカトラリーセット(抽選30人)をプレゼントする。商品発送は来年2月下旬を予定している。

 18日のバスツアーは午後2時開始。旧室蘭駅舎や室蘭市民俗資料館などを見学する。参加無料。昨年開催時に好評だった旧北炭室蘭会員倶楽部の内部も特別公開する。

 定員80人の募集に申し込み開始2週間ほどで76人から参加希望が寄せられた。市観光課は「想定以上の早さで申し込みがあった」と話す。

 新型コロナの5類移行で、炭鉄港に触れる機会は増えている。NPO法人炭鉱の記憶推進事業団主催の「ぷらぷらまち歩き2023」が7月29日からスタート。今月5日の最終回は15人が輪西地区を回った。

 輪西での案内役を務めた室蘭観光協会の仲嶋憲一事務局長は「炭鉄港を巡る人は増えている。今年は修学旅行で札幌の中学生や夕張の小学生も訪れており、教育旅行と炭鉄港は親和性が高い。これから活用される機会が増えるのでは」と見通す。

 バスツアーの問い合わせは市観光課、電話0143・25局3320番へ。スタンプラリーはポータルサイト(https://3city.net/tantetsukoumeshi/stamprally/)で各種情報を発信していく。

関連記事

十勝毎日新聞

花火大会「華音」 夏を彩る5000発【芽室】

 芽室の夏の夜空を彩る「第3回芽室花火大会 華音(はなおと)2024」(実行委員会主催)が14日、町内の芽室公園を会場に開かれた。昼間はステージイベントやアトラクションでにぎわい、祭りのフィナーレ...

室蘭民報

戦車試乗、太鼓演奏も 市民らに施設一般開放、陸自幌別駐屯地創立71周年【..

 陸上自衛隊幌別駐屯地創立71周年と第13施設群創隊40周年記念行事が15日、登別市緑町の同駐屯地で行われた。施設が一般開放され、市民らが戦車に試乗したり施設機材の操作を体験するなど自衛隊の仕事...

室蘭民報

5梯団出場、室蘭ねりこみ 港まつり2日目、中島町で27日【室蘭】

 第78回むろらん港まつり(26~28日)の2日目を飾る第33回室蘭ねりこみ(室蘭ねりこみ実行委員会主催)の概要がまとまった。今年は27日に、室蘭市中島町一帯で行われる。5梯団(ていだん)が出場...

十勝毎日新聞

生産者、料理人と交流も 30、31日に十勝食材ビュッフェ【帯広】

 十勝管内の料理人有志で構成する十勝産小麦支援協議会(巴真規会長、20人)は30、31の両日、十勝の食材を使った料理が味わえるイベント「生産者と料理人が美味しく遊ぶ会」をホテルグランテラス帯広(帯...

室蘭民報

宝物「どこだ!」 登別伊達時代村、忍法帖スタート【登別】

 登別伊達時代村(登別市中登別町)は13日から毎年恒例の人気企画、謎解き宝探しゲーム「忍法帖~禁じられた祈り~」が始まり、参加した大勢の家族連れやグループが宝物のありかを楽しみながら懸命に探し回...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス