北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旧長崎屋 感謝のラジコン疾走 「タミヤ」公認大会【帯広】

 旧店舗の空きフロアを有効活用しよう│と、帯広市内の旧長崎屋帯広店2階で4日、ラジコンメーカー「タミヤ」の公認大会「タミヤチャレンジカップ」が開かれた。十勝管内や札幌などの計45人が出場し、特設コースでは「愛車」が白熱したレースを展開。来場者約100人も、コンマ数秒を競い合うデッドヒートの数々に、盛んに拍手を送っていた。

白熱したレースが繰り広げられた旧長崎屋の特設コース

 市内のラジコンショップ「十勝ラジコンサーキット」(TRC)の三木一郎代表(49)が、「青春時代にオープンした長崎屋で、にぎやかなイベントを開催し、恩返しができれば」と企画。TRCの常連客らも賛同し、2021年「タミヤグランプリチャンピオン決定戦」に北海道代表で出場・準優勝した市内の北村直也さん(42)が、コースの設計を担当した。

 特設コースは縦10メートル、横25メートルの大きさで、店舗ビル2階の約4分の1を使用。大会は6クラスで行われ、レースMCとして活躍するタミヤの大畑彰広氏が実況。「ペットボトルのような素材だが、車体は約1.5キロもある」などと、分かりやすい解説で盛り上げた。

 出場者は、プロポ(操縦機)で愛車を自由自在に動かし、ZEROクラスではTRCに週2日通う芽室町の会社員杉山勝彦さん(47)が優勝。「ラジコンを知らない観客が見てくれるとうれしい」と笑顔を見せ、「小学生の時にオープンし(動く歩道のような)エスカレーターと吹き抜けが忘れられない」と、長崎屋の思い出も感慨深く語った。

 迫力あるレースは、観客も魅了。音更木野東小6年の児童(12)は「いろんな車が走って面白い」と目を輝かせ、表彰式後には、ジャンケン大会もあり、館内には歓声も響き渡った。

 大会を無事に終えた三木代表は「にぎやかな長崎屋に一日だが戻ったかなと思う」とし、「人の集まる場所になってくれたらうれしい」と願った。

笑顔を見せる主催者の三木代表(右)とZEROクラスで優勝した杉山さん(右から3人目)

関連記事

十勝毎日新聞

花火大会「華音」 夏を彩る5000発【芽室】

 芽室の夏の夜空を彩る「第3回芽室花火大会 華音(はなおと)2024」(実行委員会主催)が14日、町内の芽室公園を会場に開かれた。昼間はステージイベントやアトラクションでにぎわい、祭りのフィナーレ...

室蘭民報

戦車試乗、太鼓演奏も 市民らに施設一般開放、陸自幌別駐屯地創立71周年【..

 陸上自衛隊幌別駐屯地創立71周年と第13施設群創隊40周年記念行事が15日、登別市緑町の同駐屯地で行われた。施設が一般開放され、市民らが戦車に試乗したり施設機材の操作を体験するなど自衛隊の仕事...

室蘭民報

5梯団出場、室蘭ねりこみ 港まつり2日目、中島町で27日【室蘭】

 第78回むろらん港まつり(26~28日)の2日目を飾る第33回室蘭ねりこみ(室蘭ねりこみ実行委員会主催)の概要がまとまった。今年は27日に、室蘭市中島町一帯で行われる。5梯団(ていだん)が出場...

十勝毎日新聞

生産者、料理人と交流も 30、31日に十勝食材ビュッフェ【帯広】

 十勝管内の料理人有志で構成する十勝産小麦支援協議会(巴真規会長、20人)は30、31の両日、十勝の食材を使った料理が味わえるイベント「生産者と料理人が美味しく遊ぶ会」をホテルグランテラス帯広(帯...

室蘭民報

宝物「どこだ!」 登別伊達時代村、忍法帖スタート【登別】

 登別伊達時代村(登別市中登別町)は13日から毎年恒例の人気企画、謎解き宝探しゲーム「忍法帖~禁じられた祈り~」が始まり、参加した大勢の家族連れやグループが宝物のありかを楽しみながら懸命に探し回...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス