北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ブックサンタ」管内書店でも 購入し寄付、恵まれない子どもへ【十勝】

子どもへのお薦めの本が並ぶコーナー(ザ・本屋さん白樺コロニー店)

 生活困窮家庭や児童福祉施設などに購入した本を寄贈するプロジェクト「ブックサンタ2023」が、十勝管内の書店でも行われている。各書店は特設コーナーを作り、賛同を呼び掛けている。

 NPO法人チャリティーサンタ(東京)が主催。同法人は「あなたも誰かのサンタクロース」を合言葉に、2008年から活動を開始。「サンタクロースの訪問活動」や、洋菓子店と協働する「シェアケーキ」などを行っている。

 ブックサンタは17年に始まり、貧困や病気、災害などで苦しい暮らしを余儀なくされている子どもたちに新品の本を贈っている。参加店舗への来店客が、プレゼントしたい本を選んで購入し、預けることで寄付される。昨年は7万5813冊の寄付が集まった。

 十勝管内では喜久屋書店帯広店、くまざわ書店帯広店、TSUTAYA木野店、ザ・本屋さん白樺コロニー店、同音更OK店、同いっきゅう店、同ダイイチめむろ店、岡書帯広イーストモール店、同西帯店が参加している。

 ザ・本屋さん(帯広、高橋智信社長)は今年から参加。クリスマスにまつわる絵本や児童書が並ぶブックサンタのコーナーと、各店舗の店員が選書した「ザ・こども本屋さん」のコーナーを併設。小学1~3年生向けと同4~6年生向けのお薦めの本が並ぶ。

 高橋社長は「子どもたちが本を読まなくなっている。何を薦めたらよいか分からない親も多いと思うので、われわれから『こんな本がありますよ』と提案したい」と話している。

 ブックサンタは全国47都道府県の1683店舗が参加し、12月24日まで実施している。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス