北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

愛冠 イベントで盛り上げよう! 21日に地域有志が「フェスト」【足寄】

 足寄町愛冠地区を盛り上げようと、地域の有志が立ち上げた初のイベント「アイカップフェスト」が21日午前10時から午後2時まで、旧愛冠駅(町愛冠35)を中心に開かれる。愛冠駅ホーム跡には過去の懐かしい写真を展示。洋食の提供や野菜販売のほか、林業の町らしく木を使った遊びなど、多彩に展開する。

愛冠地区を盛り上げようと初のイベントを企画した(左から)神本さん、岸さん、佐々木さん

 企画したのは、「アイカップふるさと再生プロジェクト」。同地区出身で札幌のラジオ局でディレクターとして長年勤務した後にUターンした、町地域おこし協力隊員の神本英邦さん(58)と、幼なじみで北海道木育マイスターの佐々木昭彦さん(53)、駅舎を改修し期間限定で洋食を提供している「コビトの台所」経営の岸友也さん(39)、同地区の餌取農場の餌取靖徳さん(38)の4人で構成する。

 旧愛冠駅は、道の駅あしょろ銀河ホール21から陸別方面へ約6.5キロの所にある。「自分たちが子どもの頃と比べて人口は減り、寂しくなっているので、なんとか元気付けたい」(神本さん)と、それぞれの特性を生かして地域に貢献できることを考えた。

 当日はコビトの台所で、十勝放牧黒豚のポトフや焼き秋ナスのポタージュ、アップルパイなどを販売。佐々木さんが所属する町内の林業グループあしょろ岐志会は木育を担当する。カラマツの木を使った椅子やウッドキャンドル制作、木の人形作りなどをサポートする。

 地場産野菜の販売も行う。町木質ペレット研究会はペレットストーブブースを設置する。

 また、同地区や銀河線線路跡地を約1時間半かけてのんびりと散歩する「アイカップウォーク」は午前11時から。希望者は同10時40分までに会場に集合するとよい。佐々木さんは「町内外の人に秋の一日を楽しんでもらえれば」と話している。

 ごみ削減のため、飲食の提供では容器持参(貸し出し50円)、野菜販売では来場者のマイバッグ持参を推奨している。

 少雨決行。問い合わせは主催者へEメール(icupfest@gmail.com)で。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

2000個の明かり「ピラ・リ」照らす つなぐランタン【幕別】

 幕別町民が作るランタン2000個が並ぶ「2024 MAKUBETSU TSUNAGU LANTERN(幕別つなぐランタン)」が24日、町内の明野ケ丘公園などを会場に開かれた。優しい明かりが同町...

十勝毎日新聞

トレンドアイテム品定め 初の「かちコレ」開幕【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(十勝毎日新聞社主催)が24日、帯広市内のベルクラシック帯広(西2南35)で始まった。管内の衣料品店6店と美容品メーカーなど4店が春の...

室蘭民報

レゴで未来のまち作り ヌプで24..

「登別温泉大きく」 子どもたち楽しむ  登別港町の市観光交流センター・ヌプルで23日「出張ブリックラボ!ブロックで登別を作ろう」が開かれ、参加者がブロック玩具「レゴ」で未来の登別のまち並み作りに...

室蘭民報

ナイスバッティング! 住まいのウチイケ杯ティーボール大会【室蘭】

 バッティングティーの上に置いたボールを打つティーボールの大会「2023年度第6回住まいのウチイケ杯」が18日、室蘭市石川町のげんき館ペトトルであった。選手たちは、観客からの声援を受けながら、元...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス