北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「散歩道」定着を 地域おこし協力隊の磯野さん 年内に5キロコース策定【広尾】

 広尾町の地域おこし協力隊の磯野巧さん(36)は、町内の田園風景や森林公園などを巡るフットパスのコースの策定に取り組んでいる。ルート上のポイントにQRコードを配置、スマホで読み取るとその場所の観光、景観情報が得られるようにする。磯野さんは「町民の健康増進に加え、観光客の回遊性を高めたい」と話している。

広尾町のシーサイドパークなどを巡るフットパスのコースを検討している磯野さん(右)。左は協力隊インターンの佐藤さん

 フットパスは英国発祥の散策を楽しむ小道のこと。その土地の自然、景観、歴史・文化に気軽に触れられるとし、設定する自治体も多い。

 広尾でも過去に、日高管内浦河町などとの広域連携事業として、大丸山森林公園や市街地を巡るコースが設定されたが、定着していなかった。

 新たに想定しているのは野塚地区の「シーサイドハウス」(シーサイドパーク内)と菊地ファームカフェを結ぶコースと、サンタランドの聖地・大丸山森林公園内を周遊するコース。オオバナノエンレイソウ、ツツジ、放牧風景、日高の山並み、博物館、カフェ、サンタの家といった観光資源が点在している。

 シーサイドコース(5キロ程度)は年内にも策定。道しるべに広尾のキャラクター「さーたちゃん」を活用、観光や自然・景観情報にアクセスできるQRコードをコース上の複数箇所に設置する。ガイドブックも作成し、町内外に配布してPRを図る。

 コースの策定に際しては、道観光振興機構の支援事業を活用。協力隊インターンの佐藤圭馬さん(26)、本澤悠歩さん(22)がアシスタントとして参加した。9月には先進地の上富良野町を視察し、道しるべやガイドブックに関するヒントを得ている。

 磯野さんは「散策を通して再発見した地元の魅力を、住民の方々が個々に発信するようになれば、観光振興につながる」と期待している。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス