北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

市、ワーケーション推進に力 苫小牧の魅力再発見 ライダー対象にツアー

苫小牧市は地域経済の活性化や苫小牧のPRにつなげようと、仕事と休暇を兼ねて地方で過ごす「ワーケーション」の推進に力を入れている。2021年度からモニターツアーを展開しており、今年度は初めてオートバイのライダーを対象に実施。利用者の声を聞きながら環境改善に努めている。

王子サーモンで商品を試食するツアー参加者

 ライダー対象のツアーは9月14~16日に行った。苫小牧港をよく利用するライダーが、市内を素通りすることなく滞在し、魅力を体験してもらう狙い。東京都、神奈川県、千葉県、茨城県の7人が参加した。14日に大洗港発のフェリーに乗船し、15日に苫小牧港・西港に到着。市内でテレワークや観光などをしながら、ふるさと納税事業者の王子サーモン(有明町)訪問を選択できるようにした。

 王子サーモンには5人が訪れ、スモークサーモンに理解を深め、出来たての商品を試食。参加者からは「味が違う」「ふるさと納税をしたい」などと好評で、早速購入する姿も。オートリゾート苫小牧アルテン(樽前)のコテージに1泊し、参加者同士でバーベキューを楽しんで親睦を深めた。16日は三星本店(糸井)で朝食を取り、各自が支笏湖へツーリングし、ノーザンホースパーク(美沢)でランチを食べて解散となった。

 参加者からは満足度が高かった一方、仕事環境などの改善を求める声が上がった。東京都世田谷区の雑誌編集者、東俊英さん(29)は「苫小牧は通過することが多かったが、王子サーモンに感動した。苫小牧の印象が変わった」と笑顔。横浜市の会社経営、齋藤英樹さん(53)は「ツーリングをしながらパソコンで仕事をすることも多いので、バンガローにデスクがあると良かった」と指摘した。

 モニターツアーの参加者数は21年度が10人、22年度が20人で、市はアンケートを実施して環境改善につなげており、調査結果を踏まえてアルテンで通信環境を整備したケースも。今年度は今月12~14日にもツアーを企画しており、市政策推進課は「今後もワーケーションの推進、苫小牧のPRを進めたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス