北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

難しいIT用語に解説を 全国サミットで提言へ 帯柏葉2年加藤さん【帯広】

 スマートフォンやインターネット環境に関する課題について語り、解決方法について高校生が話し合う「高校生ICT(情報通信技術)カンファレンス2023in帯広」が1日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。参加した3校の生徒5人は、世代や生活環境で生じるデジタルデバイド(情報格差)に着目し、改善を提言。帯広柏葉高2年の加藤愛子さん(17)が代表して、11月に東京で開かれる全国サミットで発表することになった。

ICTカンファレンスに参加した高校生。中央が加藤さん

 安心ネットづくり促進協議会などでつくる実行委員会が主催。今年は帯広や札幌など全国約15カ所で開かれており、4年ぶりの対面開催となった。

 この日は帯広柏葉高、鹿追高、釧路湖陵高から5人が参加。「今、高校生が考えるデジタルシティズンシップとは-デジタルウェルビーイングな社会を目指して-」をテーマに、これまでの経験や生活の中で感じた疑問などを出し合った。意見交換の内容を踏まえて、政府に提言するためのプレゼンテーション制作まで行った。

 生徒はインターネットへの依存やプライバシーの問題、学校生活でのタブレット端末の使い方など、普段の生活で感じている疑問を話し合った。

 その中で出たのは「誰もが平等にデジタル社会で生きていく」ことの重要性。今回のテーマに掲げられた、デジタル技術を用いて積極的に社会参加する能力を意味する「デジタルシティズンシップ」、テクノロジーを健全に使用して心身ともに健康になる「デジタルウェルビーイング」自体も「意味が分かりにくい」との声が上がった。

 5人は、世代や生活環境で生まれるデジタルデバイドについて、難しい用語を解説するサイトをデジタル庁に作成してもらいたいと提言をまとめ、発表した。全国で発表する代表者は生徒間で決め、加藤さんを選出。加藤さんは「難しい横文字が分からないことで格差が生じていると思ったのでこのテーマにした。今日はとても緊張して早口になってしまったので、東京ではもっと工夫して発表したい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス