北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

功労馬の冥福を祈る 二十間道路桜並木沿い 桜舞馬公園で功労馬慰霊祭【新ひだか】

馬魂碑に玉ぐしをささげ、功労馬を供養する畠山会長

【新ひだか】静内軽種馬生産振興会(畠山史人会長、会員110人)は28日、静内田原の二十間道路桜並木沿いにある桜舞馬公園(オーマイホースパーク)で功労馬慰霊祭を行い、競走馬や繁殖馬として大きな功績を残した静内産功労馬の冥福を祈った。

 慰霊祭は毎年この時期に、静内産繁殖牝馬や種牡馬、中央で活躍した競走馬の墓碑が多数建立されている同公園で行われている。公園中央に建つ名種牡馬テスコボーイの銅像をはじめ、それぞれの墓碑に花束とニンジン、エンバク、水、塩が供えられた。

 小雨の中、慰霊祭には軽種馬生産振興会や生産関係者など約30人が参列。神事で功労馬の功績をたたえ、静内産馬の無病息災や活躍を祈願した。今年は、新型コロナの影響を受けない通常開催となった。昨年の慰霊祭以降、1998年安田記念優勝、同年JRA年度代表馬のタイキシャトル号、1993年東京優駿(日本ダービー)優勝のウイニングチケット号の2頭の墓碑が新たに加わり、功労繁殖雌馬之碑にベラミロード号の刻銘を行った。

 現在、功労種牡馬40頭、功労繁殖牝馬5頭、功労種牡馬之碑の刻銘22頭、功労繁殖雌馬之碑の刻銘70頭の計137頭が眠っている。

 畠山会長は「今年の競馬について、景気下落による影響が懸念されましたが中央、地方ともに勝馬投票券販売の好調を持続。北海度市場のトレーニング、セレクション、サマー、セプテンバーセールまでの売却総額は174億円超となり、昨年を超える好成績に安堵しています。これまでの先人達の努力と功労馬たちの活躍に感謝の言葉をおくります」とあいさつした。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス