北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コンブでメタン減を 牛の飼料添加物を開発中【広尾】

 広尾町の地域おこし協力隊の錦古里大河さん(24)は、牛のげっぷに含まれる温室効果ガスのメタンを減らそうと、広尾産コンブを原料にした家畜飼料添加物の開発に取り組んでいる。世界的には赤い海藻「カギケノリ」の削減効果が注目されており、コンブでも同様の働きがあると見込んだ。「コンブを軸に新たな循環社会を構築したい」と話している。

家畜由来のメタンを減らそうと、広尾産コンブを原料に飼料添加物の開発に取り組む錦古里さん

 家畜のげっぷに由来する大量のメタンは、地球温暖化の要因として世界的に対策が急がれている。近年、カギケノリを飼料に混ぜて与えると腸内微生物の働きを抑え、メタンの発生を9割以上削減できるとの報告もあり、養殖技術の研究が進められている。

 空知管内栗山町出身の錦古里さんは北海学園大の学生時代、他大学の学生と共同で道産コンブを活用した起業化を模索。その後、海藻類のメタン抑制効果を知り、環境系のテーマに再構築した「e-Combu」プロジェクトを立ち上げた。

 今春、大学を卒業した錦古里さんは、内定していた企業にあえて就職せず、コンブ産地の広尾の協力隊員として移住。現在は農作業補助員として活動する傍ら、飼料添加物の開発研究に取り組んでいる。

 錦古里さんのプロジェクトには、帯広畜産大や地元コンブ漁師の保志弘一さんも協力。現在は町内の旧農業用施設を借り受けて添加物を試作、コンブでも応用できるのか基礎研究を進めている。

 今後、牛の給与試験も想定。有効性が確認されれば、漁業と農業が連携する新しい循環型ビジネスの具体化を進める考えだ。

 錦古里さんは「広尾の強みを新たな形で産業に生かせたら、人の流れも生まれてくるのでは。広尾の環境を最大限生かして、チャレンジしたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス