北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

氷室仕込み広がる提供店 羊、豚の新商品発売 東洋食肉【帯広】

 東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)は、「氷室仕込み」製法で付加価値を持たせた羊肉と豚肉の商品展開に力を入れている。帯広物産協会(小倉豊会長)が協力。十勝ならではの風土を生かし、地産地消にも取り組む。

「ラム成吉思汗」をPRする木戸事務局長(左)と片山所長

 同事業所の地下には独自の氷室がある。「氷室仕込み」は、冬に生成した約50トンの氷の冷気で肉を静置・熟成させるもの。凍る直前の温度が一定に保たれるため、肉の鮮度を保ちながらうま味を引き出せるという。

 これまでは牛肉がメインだったが、「十勝ならではのオリジナル感を出し、地元に支持される商品を」との思いで、羊肉と豚肉も氷室仕込みを始めた。

かみ心地良いラム
 同協会と共同開発した「十勝の彩 氷室仕込みラム成吉思汗」は、2021年に発売した「帯廣ジンギスカン」に続く第2弾の商品。柔らかく臭みの少ないラム肉をてん菜糖の甘みが特徴のオリジナルたれに漬け込み、氷室で4日間寝かせる。片山所長は「時間をかけて味をなじませることができ、たれの塩味を抑えられる。しっとりとしていて、かみ心地も良い」と話す。

 価格は400グラムで1296円。ハピオ(音更町)、とかち物産センター(帯広駅エスタ東館2階)で扱うほか、八千代牧場のレストランカウベルハウス(帯広)とルーキーファームが運営する焼肉の虎各店(帯広、音更)、レストランひまわり各店(帯広)でメニューとして提供している。

トンカツでも販売
 また、氷室熟成豚肉を使用したメニューをルーキーファームの協力で開発した。ニッポンハムグループの十勝めぐみ牧場(帯広)の豚肉を氷室で10日間熟成。たんぱく質が分解されて赤身が柔らかくなり、脂身の質感も軽くなるという。

 レストランひまわり各店で6日から、「豚ロースとんかつ定食」(1518円)や「豚カルビ重」(968円)などとして提供している。十勝産豚肉の地産地消も目的で、グランドメニューとする考え。

 同協会の木戸善範事務局長は「肉の氷室仕込みは時間も手間もかかるが、十勝ならではの食の恵みを地元の人や観光客に味わってほしいという思いで開発した。自信を持ってお薦めしたい商品ができた」と話している。

関連記事

室蘭民報

メロン街道に甘~い香り 有珠直売所オープン【伊達】

 伊達市の有珠地区を走る国道37号沿いの通称「メロン街道」で農家の直売所がオープンした。きれいな網目で、芳醇(ほうじゅん)な香りの大玉メロンが観光客やドライバーを呼び込んでいる。  18日まで...

十勝毎日新聞

チーズやワイン…十勝堪能 フェスティバルに300人【帯広】

 十勝産のワインとチーズ、パン、和牛を一堂に集め味わうイベント「十勝フード&ワインフェスティバル」が12日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約300人が来場し、十勝の美酒美食を堪能した。 ...

十勝毎日新聞

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる【広尾】

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

室蘭民報

絶品ビーフシチュー、創業からのレシピで 登別グランドホテル、カフェ「ユー..

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町、中牧昇一代表取締役社長)でカフェ「ユーカラ」が8日にオープンした。同店独自のブレンドコーヒーのほか、ホテル特製のビーフシチューやだし巻き卵を使用したメニュ...

室蘭民報

酔ってけ寄ってけ、浜町大入り ビール最高、夏日満喫【室蘭】

 室蘭中央飲食店組合(波多野光則組合長)主催の「酔ってけ浜町チャリティービアフェスタ」が11日から、室蘭市中央町アーケードで始まり、来場者たちがビールを片手に暑さをしのぎ、まちを活気づけた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス