北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「チセ」の屋根改修作業 平取 二風谷コタンで報告会【平取】

改修作業が行われていた「アシクネチセ」=6日=

【平取】アイヌ民族の伝統的なコタン(集落)を再現した二風谷の広場「二風谷コタン」で、8月28日から9月7日の11日間、伝統家屋「チセ」1棟の屋根改修作業が行われた。この報告会が7日、イオル文化交流センターで開かれ、指導に関わった町アイヌ文化振興公社職員を含め計25人が参加した。

 文化庁の事業で、技能・技術の伝承を育成するため委託を受けている日本茅葺き文化協会(安藤邦廣代表理事・茨城県つくば市)が主催した。

 茅葺き職人の尾崎剛さん(二風谷民芸組合)と同協会の縁で、過去にも平取町に来ていることもあり、今年の茅葺きのタイミングに同協会が「茅葺き研修」を行いたいと計画し実施した。同協会からは茅葺き職人4人、大学生を含む茅葺きインターン6人、理事及び事務局5人の計15人が参加。同協会は毎年全国各地で茅葺き研修を行っている。

 今回は平成23年に完成したアシクネチセ(縦5・4㍍×横3・6㍍、高さ5㍍、床面積約20平方㍍)の屋根改修で、12年が経過したことから作業が行われた。研修生の真剣な作業と天候も味方し、順調に作業は進んだ。

 報告会では、参加した全員が一人ひとり体験した感想を語った。高知県香川大で建築を専攻し、現在京都工芸繊維大大学院2年の津村祥平さん(24)は「いろいろな地域で学んできたが、尾崎さんは棟・梁の水平などを伝統工芸として行っており、チセづくりの本質を体験することができた。なた一本で作り、足場板を効率的に使う技術など、とても面白い研修になった。体験を生かし前向きに技術を習得して茅葺きの伝統を継承していきたい」と意欲を示した。

 同協会の代表理事(筑波大名誉教授・工学博士)の安藤さんは「ユネスコに登録されている14の技術保護団体の1つがこの文化協会。とても素晴らしい研修になった。平取町は若い人の伝統文化を継承する人材が育ってきている。中々こういう場所はないのでとても貴重だ。今回、指導を受けた若き職人・インターンたちは、アイヌ民族の精神にも触れ技術を習得できたことは大変良かった」と話した。

 大竹孝広町アイヌ文化振興公社総務部長は「11日間の作業に感謝。研修生たちがチセの上に上がった時、尾崎さんの手先をじっと見つめ、何もかも学ぼうとする姿が印象的だった。公社の若手もまだまだ教えてもらう立場であり、皆さんに教えることにより自分たちの力を確認することができ、相乗効果があったように思う。また機会があれば二風谷へ来てください」と締めくくった。

 今後は、11月15~17日に茅刈の研修も予定している。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス