北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

16日から工大祭 催し多彩「多くの来場を」【室蘭】

ジンギスカン提供、カラオケ、おみくじ…

「学生だけではなく多くの地域の方々に来てほしい」と呼びかける木本委員長

 室蘭工業大学の第63回工大祭が16、17の両日、水元町の同大で開かれる。例年のジンギスカン無料提供や昨年好評だったカジノに加え、今年はカラオケ大会、学生たちが手作りしたおみくじなどの企画が用意されている。

 主催は同実行委員会(木本凌稀委員長)。テーマは「蘭鐘」。「幸福、純粋さを意味するコチョウランの花言葉にかけ、「工大祭に来てくれた人が幸せになることを願う」との意味が込められている。

 例年に比べて実行委員が多く、1年生は33人、2年生は13人、3年生は10人の計56人。工大祭限定ボルタの販売、ジンギスカン無料提供、カラオケ大会、豪華景品が当たるビンゴ大会、科学工作教室など実行委員が企画した催しが豊富に行われる。カラオケ大会は16日午前11時から。カジノは午前10時~正午、午後1時~5時(17日は同3時まで)。毎年人気のジンギスカン無料提供は17日午前11時と午後0時半の2回。150食用意し、なくなり次第終了となる。

 研究室やサークルの企画として、屋外での焼きそばやクレープ、ラッシーの販売、屋内(N棟)での赤外線射的、ポケモンカードバトル、プラモデル展示などが用意されている。体育館ではフリーマーケットが開かれる。

 時間は両日とも時間は午前10時から。木本実行委員長は「今年は特に実行委員企画が充実している。学生だけではなく、ぜひ地域の方々にも楽しんでもらいたい」と多くの来場を呼びかけている。

 また工大祭に合わせ、大学会館内にあるTENTOでは16、17の両日、2周年祭が開かれる。お茶会や鍛錬の体験、パンや新鮮野菜が販売されるマルシェ、同大の公式キャラクター「ムロぴょん」のテーマソングを作った室蘭市在住のシンガー・ソングライターKENTOさんのライブなどが開かれる。時間は午前10時~午後7時(最終日は同4時)。

「羊ロコモコ丼」販売 白糠町コラボ

 16、17日に室蘭工業大学で開かれる「工大祭」で、今年も白糠町連携企画を実施する。メインは白糠町の「羊まるごと研究所」のラム肉と、COI-NEXT事業で連携している長岡技術科学大学から提供される新潟県産のコメを使った「羊ロコモコ丼」の販売。酸味が効いたしょうゆベースのソースがかかっている。1食千円で120食限定だ。

 このほか、白糠町の道の駅「しらぬか恋問館」で取り扱っている「鍛高ラムネ」などの特産品も販売、室工大と白糠町のCOI-NEXT事業についての紹介を行う。

関連記事

室蘭民報

「楽しんでもらえる場に」 イベントホール21日オープン、ライブでこけら落..

 遊ずどカンパニー(室蘭市中島町、亀山順一代表取締役)は21日、室蘭市東町に本格的な音楽ライブもできる多目的イベントホール「KMC HALL」をオープンする。亀山さん(53)は「みんなが楽しんで...

室蘭民報

園児110人、よさこい演舞 母恋神社祭り【室蘭】

学生みこし、留学生も  9日連続夏日(25・2度)を記録した室蘭市内で18日、母恋神社祭り本祭が開かれた。グルメやくじ引きなどで市民らが楽しむ中、北斗文化学園が運営する専門学校の学生や幼稚園児ら...

室蘭民報

27日「手風琴」ライブ 会場提供の秦野さんに聞く【伊達】

往事懐かしみ、あすへの活力に  1982年にメジャーデビューし、今なお多くのファンに愛されるフォークグループ「手風琴」。27日に伊達市錦町のアコースティックバーカンジーでフルメンバーライブを行う...

十勝毎日新聞

チーズやワイン…十勝堪能 フェスティバルに300人【帯広】

 十勝産のワインとチーズ、パン、和牛を一堂に集め味わうイベント「十勝フード&ワインフェスティバル」が12日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約300人が来場し、十勝の美酒美食を堪能した。 ...

十勝毎日新聞

花火大会「華音」 夏を彩る5000発【芽室】

 芽室の夏の夜空を彩る「第3回芽室花火大会 華音(はなおと)2024」(実行委員会主催)が14日、町内の芽室公園を会場に開かれた。昼間はステージイベントやアトラクションでにぎわい、祭りのフィナーレ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス