北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

松風町の廃レール架線柱、お役御免【函館】

市電架線張り替え工事で

 函館市電松風町電停近くの交差点にある廃レールを組み合わせた架線柱が間もなく役目を終える。市企業局交通部が函館駅前通(国道278号)で架線の吊架(ちょうか)方式の変更工事を進めているため。架線を張る役割は4日深夜からの工事で新たな支柱に引き継がれた。

 廃レール柱は高さ約8㍍で、3本のレールを組み合わせた形状。駒場車庫や自由市場前など市内5カ所に同様の架線柱が残るがいずれも設置時期は不明。表面にはさびがみられるが、架線を張る役割を果たしている。同部は「いつから使われているのか資料はないが相当古いだろう」とする。

 函館の軌道事業は1897(明治30)年に運行を始めた馬車鉄道が前身で、1913(大正2)年に電力会社の函館水電が電化した。箱館歴史散歩の会主宰の中尾仁彦さん(81)は「断定できる根拠はない」と前置きして、架線柱に使われたのは電化前後の軌道改良で不要になったレールの可能性を挙げる。旧交通局で運転士や軌道整備に関わった市内の男性(77)も「古い時代の35㌔(1㍍当たりの重量)レールではないか」と推察した。

 また、度重なる大火に見舞われた函館では、21(同10)年の大火後にコンクリート建築が普及。末広町にある現存最古のコンクリート電柱は23(同12)年製だ。電車の黎明期は、木柱からコンクリート柱に切り替わる過渡期で、強度が求められた架線柱に廃レール柱が用いられたことも考えられるという。中尾さんは「今まで残っていたことも不思議だが、現役で使われてきたことに意味がある」と話している。

 駅前通で行われている吊架方式の変更は無電柱化の一環。電車に電力を供給するトロリー線を支える架線は現在の網の目状の直接式から、道路両脇の架線柱から支えるシンプルカテナリ式に転換し、景観上の向上を図る。工期は10月14日まで、松風町の廃レール架線柱も撤去される。

松風町交差点にある新旧の架線柱

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス