北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

暑さ後押し、13万人来場 むろらん港まつり実行委まとめ【室蘭】

まつり会場のにぎわいを示す大露店街の光。客船「飛鳥Ⅱ」もライトアップして花を添えた=7月28日(ドローン撮影)

通常開催、トラブルなし

 第77回むろらん港まつり実行委員会(実行委員長・長谷川義郎室蘭観光協会長)は7月31日、同まつりが行われた3日間(同28~30日)の入り込み状況をまとめた。総数は昨年に引き続き、10万人を超える前年比11・9%増の12万9600人だった。実行委・室蘭観光協会の仲嶋憲一事務局長は「天候などいろんな良い条件に恵まれた。大きなトラブルもなく、無事に終えられてよかった」と総括している。

 内訳は、28日の室蘭民報社納涼花火大会が同1万人増の9万人、29日の総参加市民おどりと室蘭ねりこみは同千人増の4千人、30日のよさこいソーランinむろらん&胆振・千歳支部大会は同1500人増の4500人、入江臨海公園横の港ふれあい広場など、その他会場が同1300人増の3万1100人。

 室蘭で26~29日に4日連続真夏日を観測するなど、記録的な暑さの中で実施された今回の港まつり。新型コロナウイルスの5類移行で2019年以来の通常開催となり、室蘭ねりこみが復活した。港ふれあい広場では、ステージ発表、飲食ブース設置、アルコール提供も再開。昨年外出を控えた人も大勢来場したとみられ、入り込み数増加を後押しした。

 心配された熱中症も港ふれあい広場の来場者で病院に搬送された人はなく、会場内のアナウンスやSNS(交流サイト)で、繰り返し注意を呼びかけたことが功を奏した。仲嶋事務局長は「行動制限がない中で、この規模のイベントを開催できたことが一番大きい」と手応えを感じていた。

関連記事

十勝毎日新聞

今年は酒提供解禁 22、23日に畜大寮祭【帯広】

 帯広畜産大学の学生が中心となって企画・開催する第80回寮祭が22、23の両日、同大の総合研究棟1号館前で行われる。今年は、酒類の提供が7年ぶりに再開される。実行委員会の藤山歩夢委員長は「毎年学外...

室蘭民報

「音」と「食」、今年も楽しんで 向陽公園で22、23日イベント【室蘭】

ライブ/屋台/縁日  音楽と食が楽しめる屋外イベント「中島音食!2024-音と食を楽しもう!-」が22、23の両日、室蘭市中島町の室蘭商工会議所らんドルパーク向陽で開かれる。  ウオーカブル・...

室蘭民報

新井田プロが華麗な投球、ギーゴボウル室蘭 一緒にプレー、ファンと交流【室..

 女子プロボウラーの新井田好選手(41)がレーンを回り、一緒にボウリングを楽しむ「新井田プロと楽しく投げよう」(ギーゴボウル室蘭主催)が16日、東町の同店で開かれた。参加者らが日頃の練習成果を発...

室蘭民報

「エネルギー感じて」9月登別興行、市長にPR 新日本プロレス棚橋社長と矢..

 9月14日に登別市総合体育館で39年ぶりに興行を開催する新日本プロレス(新日)の棚橋弘至代表取締役社長と市観光大使の矢野通選手が17日、小笠原春一市長を表敬訪問した。棚橋社長は「プロレス会場は...

室蘭民報

夢詰め込めた19曲、アニソンフェス 迫力の歌声、500人大興奮【室蘭】

 室蘭市内初の本格アニソンイベント「室蘭てつまちアニソンフェス2024」(実行委主催)が15日夜、輪西町のわにホール市民会館で開かれ、詰めかけた市内外のファン約500人が迫力ある歌声に熱狂した。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス