北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

名寄の夏を盛り上げる・てっし名寄まつり

真夏の夜空を彩った大花火大会

 【名寄】「てっし名寄まつり」が、7月30日正午から天塩川河川敷特設会場(曙橋付近)で開かれた。キッチンカーフェスタをはじめ、子ども縁日、ステージショー、メインとなる大花火大会を繰り広げ、名寄の夏を盛り上げた。

 同まつり実行委員会(委員長・栗原智博なよろ観光まちづくり協会長)が主催し、名寄市と共催。同まつりをはじめ、8月4日から6日までの「名寄まつり」(名寄神社例大祭)と夏イベントが続く。

 コロナ禍で2020年以降、規模が縮小され、20年と21年は花火大会(事前の打ち上げ場所と時間は非公表)、小学6年生以下を対象とした手持ち花火セット配布、うちわイラストコンテストを実施。昨年から通常規模に戻った。今年は不安定な天候で、時折、降雨に見舞われたが、名寄市内や近郊から多くの来場者でにぎわった。

 正午から開場し、キッチンカーフェスタには、地元や道内の32店が出店。キッチンカーやテントがずらりと並び、バラエティーに富んだ飲食物を販売。数店舗を巡りながら舌鼓を打つ人たちもおり、好評を得ていた。子ども縁日は、名寄青年会議所が主体となって実施。型抜き、人形・スーパーボールすくい、スマートボール、射的、綿あめなどが用意され、笑顔で楽しむ子どもたちの姿が見られた。

 午後4時40分からステージショーを開催し、名寄朔北太鼓が力強いばちさばきを披露。その後、北鼓童&なよろ市立大学、ひまわりちびっこ隊がヨサコイ演舞を披露。躍動感あふれる踊りで会場を湧かせた。さらに、リルジェイさんのステージで盛り上げていた。

 午後7時40分からメインの大花火大会がスタート。同まつり会場の天塩川河川敷や堤防に加え、名寄市内各所で花火を眺める人たちが詰め掛けた。さまざまな種類の仕掛け花火や創作花火が続々と打ち上げられ、名寄の真夏の夜空を鮮やかに彩りながら、観衆を魅了した。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス