北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「鮭の聖地」観光資源に フォーラムで活用の在り方探る【根室】

 根室海峡沿岸地域の自然環境や生態系の形成に深く関わっている「サケ」。4日に市総合文化会館で開かれた日本遺産「鮭(さけ)の聖地フォーラムin根室」は、認定後コロナ禍にあって地域住民への周知や観光要素としての発信が難しかったことから、今後の活用の在り方を探る機会として開催した。

 日本遺産「鮭の聖地」の物語~根室海峡一万年の道程~は、アイヌ民族の伝承に由来するもので、2020年に中標津町を除く根室管内1市3町に根付く歴史や自然、文化財を結ぶ物語として認定された。

 フォーラムには、根室管内日本遺産推進協議会鮭の聖地メナシネットワーク事務局の総括事務局長で標津町教育委員会の小野哲也生涯学習課長、地域理事の齋藤学標津町商工観光課係長、根室市教育委員会の猪熊樹人学芸主査が講演。

 小野総括事務局長は「サケは縄文から近代まで1万年もの間、人だけでなく餌などとして陸海空の動物や植物を支えてきた」と地域との関わりを解説。

 齋藤地域理事は2021年に根室管内で行った観光動向調査結果を紹介。日本遺産の認知度は低かったものの、「5回以上の来訪経験を持つディープなファンが、初めて訪れた方(33・4%)と、ほぼ同じ32・4%を数えた」と述べ、鮭の聖地の物語を構成する「歴史・文化は観光資源になり得る」と訴えた。

 猪熊地域理事は「港から始まる根室の歴史文化について」と題し、サケの漁獲が落ち込んだ明治後期、「経営の多角化など水産業はダイナミックに変化した」と紹介した。

 同市観光協会の寺田裕一事務局長、市民観光ガイド・ねむろトコロジストの会の船山岩雄会長を加えたパネルディスカッションで、小野総括事務局長は「この3年間は仕組み作りだった。これからは壮大なストーリーをどう伝えるか、体験や食を消費行動につなげることも重要。そして地元に普及させるためにも、地元の中高生に発信する方法も考えたい」と述べていた。

日本遺産「鮭の聖地」フォーラムin根室

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス