北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

官民連携でIT技術者育成 釧路市出資kーHack設立

IT人材創出に向け企業を設立した澄川社長(左から2番目)ら

 デジタルトランスフォーメーション(DX)化を推進する釧路市は、プログラミング技術を持つ人材を継続的に育成、輩出するため、地元商工団体などと連携した新会社「k―Hack(ケーハック)」(釧路市北大通3、澄川誠治社長)を5日に設立する。自治体が出資し、官民連携によるIT企業創設は日本初。釧路からエンジニアの輩出する``クシロモデル、、の創出を目指す。2日には市役所防災庁舎で会見を開き、川澄社長らが事業内容を説明した。  釧路市ビジネスサポートセンター(k―Biz)に寄せられたIT分野の創業相談は、5年間で5事業者と全体の0・5%。全国的に需要が高まるIT分野の関連事業者が市内では少ない状況となっている。市は企業誘致ではなく、地元に根差した人材育成企業が必要性と判断。地元金融機関などと共同で、自治体主体の企業設立を決めた。  k―Hackは、マーケティング企業「SORAMICHI」(東京都、山本広二社長)と業務提携し、研修プログラムなどの包括的な支援を受ける。同社や市外の企業からウェブサービス、アプリ開発などの業務を受注し、エンジニアのスキルを磨く。人材は管内の学生やUIJターン者などを採用。市内からの業務受注や市内企業からの転職は受け付けない方針で、3年間でエンジニア50人の養成と年収3億円を目指す。  市はスタートアップ人材創出事業として新会社に運転資金1200万円を3年間補助。k―Bizによる企業支援などを行う。  k―Hackは8月から本格的に業務を開始する。蝦名大也市長は「新しいビジネスモデルとなるようにサポートしていきたい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス