北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

震災を忘れないで 被災した犬を迎え入れ、アクリル画に ぐるーぷ彩風の仲間さん

「震災を忘れないで」と仲間さんが描いたさくらのアクリル画

 【網走】絵画ぐるーぷ彩風の会員で、創作活動に励む仲間望さんが、東日本大震災で親と離れ離れになり保護されたのを迎え入れたという愛犬「さくら」を題材にした絵画3点を、同グループの作品展に出品。観覧者の注目を集めた。

 さくらは2011年1月、福島県楢葉町に生まれたが、その2カ月後、東日本大震災が発生したことで野良犬になったという「被災犬」。同年12月、動物愛護団体のレスキュー活動最後の日に保護され、滋賀県で新たな生活を送っていたという。

 そのころ、犬を飼いたいと考えていた仲間さんは当初、ペットショップでの購入も検討したものの「実際に目で見てしまうと、買ってしまう」「お金を出して動物を買うのは」と、ショップでは購入しなかった。

 その後、自宅に帰って何げなくパソコンでインターネットを閲覧していたところ、動物愛護団体が保護したさくらを偶然見つけ、仲間さんは迎え入れることを決意。この団体に連絡を取った。

 しかし、すんなりと受け入れることはできず、動物を飼うことが可能かどうかなど、迎え入れるにはいくつもの条件をクリアしなければならず、実際に断られた人もいたという。

 幸い、仲間さんは引き受ける条件をクリア。さくらは大型犬のため、どうやって網走まで連れていくか思案していたが、同団体が飛行機などの搭乗を手配。滋賀県から北海道の網走まで、直線距離で約1200㌔という道のりを付きそう人もなく、さくらは12年5月、単身で網走に到着した。

 仲間さんによると、網走に来た当初は新しい環境に慣れないのか、それとも震災の影響なのか、食事などもあまり取らなかったが、仲間さんの愛情がさくらに伝わり、すぐに食事も取るようになったという。

 網走に来てから11年が過ぎたさくらは、椎間板ヘルニアを患い下半身が不自由なところもあるが、いたって元気だそうだ。

 作品展には、さくらを描いたアクリル画3点を出品。さくらのプロフィールと「東日本大震災と私たちの仲間を忘れないでください」というメッセージも添えた。  さくらの絵を見た人は、みな「網走で元気に過ごすせて良かった」「良い飼い主が見つかって幸せだね」などと話していた。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス