北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

多くの仲間が桜に集う 網走絆プロジェクト 手入れ欠かさず、開花を喜ぶ

新型コロナの感染対策も緩和され、今年は多くの仲間が桜の下に集った

 【網走】満開の桜と笑顔があふれる網走を夢見ながら、志半ばでこの世を去った井上隆さん(享年46歳)=市嘉多山=の遺志を引き継ぐ仲間たちが、今年も道道網走公園線美岬トンネルの上に集まり、植樹してきた桜を手入れした。ここ数年は新型コロナ感染を考慮し、参加人数を少なくしていたが、対応が緩和された今年は、多くの仲間が集合。同所が桜の名所となりつつあるのを喜んだ。

 井上さんは生前、「道路は人や地域、産業をつなぐ絆の役割を果たすもの」という信念から、地域で美化活動を実践。2010年には美岬トンネルの入り口近くに30本のエゾヤマザクラを植えた。

 長年の夢だった桜並木を見て「将来は、親子で1日過ごせるような場所にしたい」と感慨深げに語った井上さんだが、その翌年に急逝。仲間たちは、井上さんの思いを引き継ぎ、活動を続けようと「網走絆プロジェクト」を発足。毎年、美岬トンネル周辺で桜の苗木を植樹している。

 これまでに植えた桜は約150本。当初に植えた桜は、すでに花を咲かせるまでに成長。満開の時期に花見に訪れたという仲間も多くみられた。

 半面、年を重ねるごとにエゾシカによる食害が深刻になり、植樹した一帯を防護ネットで囲って保護。現在は食害も受けなくなったという。

 その一方で、植樹した一帯は斜面になっており、降雨とともに雨水が流れ込むことで「根腐れ」を起こし枯れてしまう桜が見られることから、斜面の上側に側溝を整備するなど、植樹後の手入れも欠かさずにいる。

 今年集まった仲間たちは、枯れてしまった苗を植え替えたほか、水を与えるなどの手入れに取り組んだ。水谷市長や佐藤道議、中島和彦オホーツク総合振興局長らも手入れに参加した。

 作業を終え、同プロジェクトの井上志郎代表は「新型コロナの対策も緩和され、今年は多くの仲間に集まってもらうことができた。春には多くの人に満開の桜を楽しんでもらえるよう、植樹と手入れを続けていきたい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス