北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

管内企業初のIST出向 萩原建設、設計課の相馬主任【帯広】

 萩原建設工業(帯広市、萩原一利社長)の建築部設計課主任の相馬大地さん(32)が、大樹町のインターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)の「助っ人エンジニア」として今月から勤務をスタートさせた。十勝の企業からの出向は初めてで、これまでの経験を生かして工場や発射場設備などの設計に従事している。

経験を生かして設計部門で活躍する相馬さん

 ISTは、2020年4月から企業や大学などからエンジニア人材の出向を受け入れる「助っ人エンジニア制度」を開始し、これまでにトヨタ自動車、古河電気工業、日揮、トヨタ自動車北海道の4社から累計7人を受け入れ。ロケットエンジンやシステム開発などの部門で活躍している。

 萩原建設工業は、社屋建設などISTと以前から協力関係にあり、昨年秋に完成したISTの構造試験棟の設計を担当した相馬さんが、同制度を利用して今月8日からIST開発部設備グループに出向。ISTの一員として、試験設備などの設計に従事している。出向期間は1年間。

 相馬さんは「北海道・十勝でベンチャー企業としてロケット開発に挑戦しているISTの事業に、さらに関われることをとても光栄に思っている。同じ十勝の企業として、地元の産業の盛り上げに少しでも貢献できたら」と話している。

 萩原建設工業設計課の濱田純也課長は「ロケット開発の最前線に携わり、新たな能力を身に付けることによって人材の成長が加速されると期待している」と相馬さんの活躍に期待を寄せる。ISTは「ロケットだけでなく性能試験設備などさまざまな部門があり、各企業の得意分野を生かして活躍いただいている。今後もご協力いただける会社にお願いしていきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス