北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

北斗産ワインお披露目 サッポロビールのブドウ園【北斗】

グランポレール北斗シャルドネ<初収穫>2022のデビューを祝う池田市長(中央)や森本道本部長(右から2人目)ら

 【北斗】サッポロビール(東京)が運営するブドウ園「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」(市三ツ石)で25日、同園のファーストヴィンテージワイン「グランポレール 北斗シャルドネ〈初収穫〉2022」のお披露目会が開かれた。池田達雄市長らが出席し、北斗産のシャルドネワインを味わった。

 同園は2018年に開園。敷地面積は約25万平方メートルに及び、標高は50~120メートル。19年に第一期苗木植付を行い、22年に初収穫と初仕込みをした。

 同社は北斗産シャルドネの特徴を「冷涼な産地らしい豊かな酸味が感じられ、柑橘系、特にレモンのような爽やかな香りを持っている」と説明。道内他地域と比べ、果実が樹に実っている時間が長くとれるため、熟度の高い状態で収穫しやすい環境という。

 22年は春先から気温が高く、6~8月には台風の影響で多くの雨が降り、日照時間も少なかった。ただ9月以降は高日照、高気温に恵まれたことで、適度な酸で高糖度の高品質なシャルドネブドウが収穫できたという。

 グランポレール北斗シャルドネ〈初収穫〉2022は、シャルドネ種を100パーセント使用。アルコール度数は13パーセントで、容量は750ミリリットル(オープン価格)。表ラベルには函館湾から見る北斗の山々と、津軽海峡の青い海を表現したという。

 試飲会では、パスタ伊酒屋・北斗芯軒(北斗市久根別2)による、道南の季節の食材を使った料理と合わせて提供。池田市長は「酸味が強くフルーティな味のワイン。山海の幸にもよく合い、食の進むおいしさ」と話していた。サッポロビール道本社代表兼道本部長の森本光俊さんは「微力ながらワインづくりを通じて、北斗市そして道南エリアの発展に貢献し、元気にしてきたい」と語った。

 グランポレール北斗シャルドネ〈初収穫〉2022は、6月6日に500本の数量限定で販売する予定。数に限りがあるため、一部得意先限定としている。全国発売は24年以降を計画している。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス