北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トカプチが「十勝晴れ」酒米づくり【音更】

彗星の苗を植える参加者。奥右が伊藤社長

 雑穀卸アグリシステムグループのトカプチ(更別村、伊藤英信社長)は24日、音更町十勝川温泉地区にある水田で手作業による田植えを行った。一部は地酒「十勝晴れ」の原料として使われる予定。

 十勝晴れは産学官金などによる「とかち酒文化再現プロジェクト」が10年以上続けてきた事業。昨シーズンから帯広畜産大内の碧雲(へきうん)蔵が参画し、生産から醸造までオール十勝での酒が初実現した。

 これまで生産は町内農家の白木祐一さんが担ってきたが、高齢のため昨年引退を表明。トカプチは白木さんの水田を取得し、有機農法の一つ、バイオダイナミック農法で食用米(ななつぼし)と酒米の栽培に取り組む。プロジェクトには参加しないが、酒米収穫分の半量程度を十勝晴れに供給すると表明している。

 酒米を植えるのは、2.64ヘクタールの水田のうちの約1ヘクタールで、品種は「彗星(すいせい)」。この日は碧雲蔵を担当する上川大雪酒造(上川管内上川町)や帯広小売酒販組合、下士幌小の5、6年生11人など約50人が参加し、泥だらけになりながら田植え作業を体験した。

 上川大雪酒造の川端慎治副社長は「一時はオール十勝米が途絶えると覚悟しただけにありがたい。一俵でも多く、収穫できるよう応援したい」と話した。

 伊藤社長は「白木さんが守り続けた水田。大変だったと思う。音更町内でも田植えができる機会はほとんどない。十勝晴れのほか、自分でも酒を造ってみたい」と話していた。伊藤社長が主宰する北海道オーガニックヴィレッジ事業として9月末には収穫体験も予定する。

関連記事

日高報知新聞

走り方の基本を習得 小学生の「かけっこ教室」【えりも】

【えりも】小学生らに走り方のコツなどの基本を習得してもらおうと、町教委主催の「かけっこ教室」が3日、町スポーツ公園陸上競技場で開かれ、町内の小学生15人が参加した。  指導員は、えりも高の佐々...

日高報知新聞

坂尻さんが87歳の部3位 マラソン「ランナーズ」 全国年齢別ランキング【日..

【日高】マラソン愛好者向けスポーツマガジン「ランナーズ」に昨年度の全国年齢別ランキング87歳の部で、町内富川の坂尻直一さんが3位にランクインした。  坂尻さんは58歳の時、体重が85㌔あり、糖尿病...

釧路新聞

初夏の香り、列車乗客笑顔 厚床中すずらん贈り【根室市】

 【根室】市立厚床中学校(三宮貴史校長、生徒9人)の生徒が鉄道利用者にスズランをプレゼントする「すずらん贈り」が8日、JR花咲線の厚床駅で行われた。生徒たちから手渡された初夏のプレゼントに、車内に...

釧路新聞

釧路町、湿原版環境カードゲーム製作へ【釧路町】

 【釧路町】町は今年度、遊びながら環境について学べるカードゲーム「マイアース」の釧路湿原版を製作する。町は2021年、50年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言して...

苫小牧民報

しらおい防災マスター会 札幌管区気象台長表彰

白老町民の30~80代の有志約70人でつくる「しらおい防災マスター会」が1日付で札幌管区気象台長表彰を受け、7日に吉村智会長と民部吉治事務局長が町役場を訪れ、大塩英男町長に受賞を報告した。自主防災...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス