北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

8月に研究会発足、漁業との共生向け 洋上風力、MOPA意見交換会【室蘭】

8月に発足させる研究会について説明する吉田氏

 室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA、会長・関根博士三菱製鋼常務執行役員)の意見交換会が23日、室蘭市宮の森町の蓬崍殿で開かれた。MOPA研究調査グループの吉田昌弘氏(DENZAI常務執行役員・最高風力事業責任者)が室蘭近海での洋上風力発電実証事業の誘致に向け、先行利用する漁業者との共生を目的とした研究会を8月に発足させる方針を示した。

 MOPAは漁業者との対話に向けて、準備段階として室蘭近海に関する基礎知識を習得する研究会を立ち上げる。吉田氏は「洋上風車と漁業の共生については先行研究事例がたくさんある。事例や室蘭の海のことを学んだ上で、何をすべきか考えたい」と語った。

 今後はMOPA内で研究会発足に向けた調整を行い、参加者募集を経て、月1、2回のペースで会合を開く。大学や公的機関をメインとした漁業調査の実施も検討しており、「室蘭の海をどうするかというストーリーを作った上で、漁業者と対話し、一緒に調査できれば」と抱負を述べた。

 意見交換会には構成85社・団体などから130人が参加。MOPAの関根会長や上村浩貴理事長(DENZAI代表取締役社長CEO)は、道内5海域が洋上風力発電の促進区域の見込みがある有望な区域として国に指定されたことについて「檜山、松前、島牧沖の工事は室蘭港を拠点として建設される可能性が高い。MOPAが掲げている室蘭港の洋上風力発電建設拠点化にも大きなニュース」と歓迎した。

 ほか、賛助会員の日揮とSSEパシフィコが、自社の洋上風力発電の取り組みについて紹介。7月20日に札幌市内でMOPAが共催する「北海道洋上風力フォーラム2023」の概要についても説明があった。

関連記事

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

釧路新聞

トキシラズ初水揚げ 定置網漁、市東部漁協「今後に期待」【釧路市】

 春のサケ・マス定置網漁が解禁となり、釧路市東部漁協で24日、高級食材として知られるトキシラズ(回遊中のシロザケ)などが初水揚げされた。  釧路管内の定置網漁は21日に解禁。同漁協では同日から網...

十勝毎日新聞

危険運転トラえる! おびひろ動物園 マオ、「広報官」に任命【帯広】

 帯広署(工藤博光署長)は23日、おびひろ動物園(稲葉利行園長)のアムールトラ「マオ」(雌、13歳)を「交通死亡事故抑止広報官」に任命した。危険な運転者を「捉(トラ)」え、交通死亡事故ゼロに「トラ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス