北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

押切美沙紀さん引退 スケートで五輪3大会出場【中札内】

 スピードスケートで五輪に3大会連続出場した中札内村出身の押切美沙紀さん(30)が、この春から新たな道を歩み始めた。12日には中札内文化創造センターで開かれた村の高齢者学級「ポロシリ大学」(久保寧男学級長、学生70人)の定例授業の講師を務め、「3月に現役引退を決めた。今後は地元への恩返しになるような活動をしていきたい」と話した。

村高齢者学級で講義「経験を地域のために」

現役引退や抱負を語る押切さん

 押切さんは講義後インタビューに応じ、引退の決断に至った心境や今後の抱負について語った。

平昌後「苦しく」
 押切さんは2014年のソチ五輪で1500メートル22位、団体追い抜き(チームパシュート)4位。平昌五輪は5000メートルで9位。ただ、チームパシュートのメンバーから外れて五輪を終え、けがも抱えていたため心身のバランスを崩して平昌後の2季、競技を離れた。

 「パシュートメンバーとして金メダルを取れなかったことで、自分には価値がないのではないかと考えてしまった。自分で自分を追い詰め、うつ状態や摂食障害にも陥った。平昌後の2年間が一番苦しかった」。治療のため米国に渡り、カウンセリングや瞑想(めいそう)、ヨガに通った。「ゆったりと時間を過ごし、自分と向き合い気持ちを整理できた。私はやっぱりスケートがしたいと思った」と振り返る。当時の日本代表ヨハン・デビットコーチや所属先だった富士急の励まし、地元の支えも大きかった。

ヨガなど資格取得
 20年の全日本距離別選手権で復帰。昨年の北京五輪では、5000メートルで8位入賞を果たした。その後、現役引退は表明せず、昨シーズンは基本的なトレーニングを続けながら、心理カウンセラーやヨガインストラクターの資格を取得したという。引退については、今年1月の時点で「春までしっかり考えたい」としていた。

 その言葉通り3月いっぱい悩んだ末、「今の自分にはやりたいことがある」と引退を決意。「地元の中札内と現役時代に拠点にしていた帯広の皆さんからずっと応援してもらった。だからこそ恩返しをしたい」と話し、「スケート人生の中で自分が経験したことや学んだことを、今後はこれまで支えてくれた地域の人たちのために役立てていきたい」と力を込めた。

 ポロシリ大学では参加者33人に、運動前と就寝前のストレッチを指導した。

ストレッチのやり方を実演する押切さん

関連記事

函館新聞

五島軒、新業態のカフェ27日に営業開始 本店1階ロビー アフタヌーンティ..

 函館の老舗レストラン・五島軒(若山豪社長)は27日から、末広町の本店1階で新業態となるカフェ営業を始める。宴会場の待合室として利用していたロビーを活用し、「ブリューネ&エリザベス」としてオープ...

函館新聞

春告げるアサリ漁 北斗で始まる【北斗】

 【北斗】市沿岸で24日、春の訪れを告げる今季のアサリ漁が初操業を迎えた。館野地区の前浜では、午前9時ごろから漁師約10人が熊手を手に、アサリの採捕に汗を流した。  道内でも珍しい砂利わらで...

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス