北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

クマ出没、不安な日常 ごみ出し注意必要

クマとみられる足跡が残る住宅街の道路。後ろは知利別南公園

遠足延期、運動会練習影響も

 室蘭市内でクマの目撃情報が相次ぎ、近くの学校や町内会関係者は神経を尖らせている。小学校では遠足を延期したほか、運動会の練習にも影響が出ている。町内会ではごみ出しに注意するなど、気が抜けない日々が続いている。

 目前に迫った運動会シーズン。小学校ではグラウンドでの授業時に、複数の教職員を配置。周囲を警戒しながら練習を行っている。

 蘭北小は19日に予定していた遠足を延期。児童の安全を考慮し「ヒグマ注意報」が明けるまで待つことにした。

 天神、旭ヶ丘、八丁平の3小と、東明、桜蘭両中では、16日の登校時から教職員らが通学路のパトロールを強化した。保護者に児童生徒の送迎を頼み、徒歩の場合は複数での行動を呼びかけている。スクールバス登校の児童は、保護者が停留所まで一緒に付き添うよう依頼した。

 「今年は新型コロナが落ち着き、たくさん散歩に行けると思った矢先だった」と残念がるのは楽山保育園(宮の森町)の牛坂千晴園長。近隣の幼稚園や保育所は一様に、散歩などの園外活動を控えている。保護者には車での送迎を依頼するなど対応に追われる。牛坂園長は「早く子どもたちが安心して外で遊べるようになってほしい」と話した。

 町会も騒動に不安を募らせる。13日にクマの足跡が見つかった知利別南公園付近の知利別テラスタウン自治会(福原潤二会長)。無料通信アプリ「LINE」で住民たちに対し、ごみ出しについて注意喚起。ごみステーションの周囲に散乱しないよう呼びかけた。

 中島本町3の竹の台第一町会では、総会で役員や班長が情報共有。紺谷博美会長(84)は「住民には各班の班長が自宅訪問や電話をし、夜間や早朝に出歩かないよう伝えた」という。「家族や友人から心配で電話が来た」という住民は、「怖い」と不安を口にした。

市が確認マップ公開 振興局はカメラ設置

室蘭市は17日、クマの目撃情報をまとめた地図「出没確認マップ」を作りホームページ=QRコード=で公開した。

 マップでは12日以降の目撃場所のほか、時間やクマの体長などを掲載した。住民や付近を通る市民に、警戒心を高め遭遇防止に役立てもらうことが目的。今後も情報があれば、順次追加していく。

 胆振総合振興局は同日までに、目撃情報があった周辺にカメラ8台を設置した。動くものに反応し動画や静止画を撮影することができ、行動範囲などを調べ対策に役立てる。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス