北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

再エネ、安定供給へ 室蘭バイオマス発電所、安全大会で誓い【室蘭】

安全大会でKY(危険予知)活動の指差し確認をする参加者たち

 国内最大規模の木質バイオマス発電所「室蘭バイオマス発電所」(室蘭市港北町)を運営するENEOSバイオマスパワー室蘭合同会社は15日、定期点検工事(SD)の安全大会を開いた。青井伸夫社長は「ロシアのウクライナ侵攻の影響でエネルギー問題がクローズアップされ、再生可能エネルギーの重要性はますます高まっている。点検を通して必要な工事を行い、バイオマス発電による電力を安定して供給していきたい」と決意を述べた。

 燃料にパームヤシの果実からパーム油を絞った種子殻を使う同発電所は、2020年5月に商業運転を開始した。年1回、SDを行っており、今年は11日から6月16日まで実施する。

 期間中は異音や臭気などの発生が予想されることから、日常監視と定期的な管理を行い、市の環境基本条例が定めている基準を順守する。近隣住民には、事前に作業の開始を周知している。

 関係会社を含め、道内外からピーク時には約200人が入構する見込みで、工事関係者には交通安全の徹底と運転マナーに関する指導を行い、相乗りによる通勤車両の減少を図る。

 15日午前8時過ぎに構内敷地で行われた安全大会には約140人が参加。青井社長は①作業は安全最優先②新型コロナウイルス感染防止対策を含めた健康管理の徹底-を要請し、「無事故・無災害で完了を」と呼びかけた。

 室蘭バイオマス発電所は、1時間当たり7万4900キロワット、年間約6億キロワットを発電。発電した電気は、国の再エネ固定価格買い取り制度を活用して売電している。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス