北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

3年8カ月ぶり、2日入港 クルーズ船、室蘭港に秋まで述べ13隻予定【室蘭】

4隻は国内最初の寄港

 室蘭港に2日、外国籍のクルーズ船が3年8カ月ぶりに入港する。10月までに国内外から延べ13隻が寄港予定で、10隻以上の客船寄港は2014年以来となる。市ではポートセールス強化に向けて、市民団体や飲食店と協力して室蘭の魅力をPRする。

 入港するのはバハマ船籍のシルバー・ミューズ(4万791トン、乗客定員596人)。8日にマーシャル諸島のセブンシーズ・エクスプローラー(5万5254トン、567人)、9日にもバハマのシルバー・ウィスパー(2万8258トン、388人)と、いずれも室蘭港初入港の客船となる。

室蘭港をファーストポートとして入港するコスタ・セレーナ=2018年5月14日、室蘭港崎守ふ頭

 6月14日には、外国からの客船が国内で最初に寄港する「ファーストポート」として、5年1カ月ぶりとなるジェノバのコスタ・セレーナ(11万4500トン、3千人)が韓国から入港する。ファーストポートとしての利用は4隻を予定。

 各客船の入出港時に市民団体「室蘭港を愛する会」が旗振りで歓迎、見送りするほか、5月2、8、9日には中央ふ頭に市が観光案内ブースを設置し、乗客に入港時の様子などを空撮した記念写真を贈呈する。

 さらに、室蘭やきとり、クレープなどを販売する市内のキッチンカー4台が集結。2、8日はヨサコイの室蘭百花繚蘭、9日は室蘭登別太鼓連盟が演舞や演奏で盛大に見送る。

 ファーストポートは入国審査、税関、検疫などの手続きが必要で、市は関係機関との打ち合わせやツアー会社への情報提供を行い、客船のスムーズな入港に努める。港湾部では「乗客の皆さんが楽しんでいただけるように、徐々におもてなしも充実させていきたい」と抱負を話している。

関連記事

十勝毎日新聞

今年は酒提供解禁 22、23日に畜大寮祭【帯広】

 帯広畜産大学の学生が中心となって企画・開催する第80回寮祭が22、23の両日、同大の総合研究棟1号館前で行われる。今年は、酒類の提供が7年ぶりに再開される。実行委員会の藤山歩夢委員長は「毎年学外...

室蘭民報

「音」と「食」、今年も楽しんで 向陽公園で22、23日イベント【室蘭】

ライブ/屋台/縁日  音楽と食が楽しめる屋外イベント「中島音食!2024-音と食を楽しもう!-」が22、23の両日、室蘭市中島町の室蘭商工会議所らんドルパーク向陽で開かれる。  ウオーカブル・...

室蘭民報

新井田プロが華麗な投球、ギーゴボウル室蘭 一緒にプレー、ファンと交流【室..

 女子プロボウラーの新井田好選手(41)がレーンを回り、一緒にボウリングを楽しむ「新井田プロと楽しく投げよう」(ギーゴボウル室蘭主催)が16日、東町の同店で開かれた。参加者らが日頃の練習成果を発...

室蘭民報

「エネルギー感じて」9月登別興行、市長にPR 新日本プロレス棚橋社長と矢..

 9月14日に登別市総合体育館で39年ぶりに興行を開催する新日本プロレス(新日)の棚橋弘至代表取締役社長と市観光大使の矢野通選手が17日、小笠原春一市長を表敬訪問した。棚橋社長は「プロレス会場は...

室蘭民報

夢詰め込めた19曲、アニソンフェス 迫力の歌声、500人大興奮【室蘭】

 室蘭市内初の本格アニソンイベント「室蘭てつまちアニソンフェス2024」(実行委主催)が15日夜、輪西町のわにホール市民会館で開かれ、詰めかけた市内外のファン約500人が迫力ある歌声に熱狂した。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス