北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

脳梗塞予防へモニタリング6月実施【木古内】

腕時計型の端末と協定書を手に事業の成果を期する不破社長(左)と鈴木町長

 【木古内】町は今年度、東京医科歯科大などと連携し、脳梗塞の前兆となる症状の早期発見を目的としたモニタリング事業を行う。ヘルス事業を展開する「タザワ」(札幌)が開発した腕時計型の端末を装着し、脈拍などの生体情報を集め、人工知能(AI)で分析する。40歳以上の町民を対象に無償で端末を貸し出し、6月にもモニタリングを始める。

 モニタリングを通じ、脳梗塞の発症リスクとなっている心房細動(心臓が小刻みに震える不整脈)の兆候を探知し、重症化を防ぐことで町民の健康寿命を延ばすのが狙い。

 希望する町民に2週間端末を装着し生活してもらい、心房細動の可能性を検出した場合、医療機関の受診を勧める。端末は脈拍のほか、心拍数や歩数、消費カロリー、睡眠時間などを測定できる。

 14日には、町役場で町とタザワが包括連携協定を締結。タザワの不破直継社長は「事業を通じ40代、50代の人が元気に働き、町の発展、高齢化率のストップにつながっていければ」と述べ、鈴木慎也町長も「持続可能なまちづくりを進める上で極めて大切な事業。町民の幸せや、健康の向上につながるよう成果を期待したい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス