北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

世界遺産登録へ大きな一歩 若菜氏グループ研究、論文掲載【釧路】

 釧路国際ウェットランドセンター阿寒湖沼群・マリモ研究室の若菜勇室長らを中心とする研究グループによる論文が、国際的な陸水・海洋生物学の専門誌「Hydrobiologia(ハイドロバイオロジア)」の電子版に掲載された。論文には世界自然遺産登録を目指す阿寒カルデラ湖沼群に関する新たな知見が盛り込まれており、若菜室長は「時間はかかったが、世界自然遺産登録に向けた第一歩を踏み出した。市民や地域に登録への機運を醸成していきたい」と意欲を示している。

 同研究グループは、マリモをシンボルとした阿寒湖および周辺地域の世界自然遺産登録に必要な評価基準を満たすため、阿寒カルデラ湖沼群における「生態遷移」(一定の場所に存在する生物集団が、時間の経過によって次々と別々の集団に変わり比較的安定して変化すること)を可視化するため、雄阿寒岳の噴火によって阿寒湖が分断されて生成された阿寒カルデラ内の10湖沼(ペンケトー、パンケトー、太郎・次郎湖、じゅんさい沼など)で地形や水質、水草の植生の調査、研究を行ってきた。

 調査の結果、湖沼の形成時期や初期環境が類似していると考えられるにもかかわらず、各湖沼における水質の栄養状態が多様な状態にあることが判明。さらに栄養状態の指標となるリン濃度が、湖沼の大きさと雨水が湖沼に流れ込んでくる流域すべての面積の比と相関があることを示した初めての事例となった。また水草は7湖沼で21種類確認され、湖沼の栄養状態によってどの水草が分布するかも類型化させた。

 今回の研究成果で示された特徴は、世界遺産の評価基準のうち、「陸上、淡水域、沿岸、海洋の生態系や動植物群の進化発展における生態学的、生物学的課程を表す顕著な見本」に該当する可能性が高いという。

 若菜室長は「本来、変化に長い時間を要するため継続的な観察が不可能といわれてきた湖沼の生態遷移が、阿寒カルデラという環境によってその多様性を裏づけたという教科書通りの事例。今後、世界中から阿寒に研究者が訪れてもおかしくない」と語る。

 今後の世界遺産登録に向けた取り組みについては「今回は水質と水草のデータなので、国内候補地を目指すためにもさらに知見を増やす必要がある。まずは今回の成果を理解していただくための取り組みに着手したい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス