北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

「あばしり電力」発電スタート NAS電池で災害にも対応 まずは2公共施設に給電

市潮見4の発電施設内に設けられたNAS

 【網走】セラミック製品を中心に製造する日本ガイシ(本社・名古屋市)と網走市の共同出資による地域新電力会社「あばしり電力」(村本正義社長)が、市潮見に建設していた発電施設がこのほど完成。1日から送電を始める。発電した電気は市の公共施設と、日本ガイシのグループ企業「NGKオホーツク」(市呼人)に供給することで、再生可能エネルギーの地産地消によるカーボンニュートラルの実現を目指す。

 同社は、昨年4月に設立。同10月から市潮見4の市有地に発電施設の建設を始め、3月上旬に完成した。

 この施設は、400キロワットの発電能力を持つソーラーパネルと、1200キロワット毎時の蓄電能力を持つ日本ガイシの大容量電力貯蔵システム「NAS電池」、直流を交流に変換する設備などを備えている。事業費は、約2億5千万円。

 当初は潮見小と潮見コミセンに電力を供給する。両施設は、同発電所からの送電線が直接つながっており、すでに試験を兼ねてNASに充電しながら両施設への送電も行っている。

 ソーラーパネルは400キロワットの発電能力があるが、NASは200キロワット毎時なことから、余剰電力が生じないよう、現在は発電量を制御しながら、送電をしているという。

 新年度には、つくしヶ丘と大曲、向陽ヶ丘にもソーラーパネルによる発電所を建設。エコーセンターやオホーツク流氷館、小中学校やコミセン、上下水道施設など、市内48の公共施設とNGKオホーツクの計49カ所に給電する。

 これらの計画を進めることで、同社は再生可能エネルギーの利用比率を高め、2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにする国のカーボンニュートラル、また30年度までに温室効果ガス排出量を48%削減する道のゼロカーボンに対応していく。

 併せて、NASを使うことによるブラックアウトなどの災害対応力向上、100%再生可能エネルギーの電力となる潮見小を活用した環境学習なども進めていくとしている。

 市はこれまで、メガソーラーやバイオマスの発電施設の誘致に取り組むとともに、学校や一般廃棄物処理施設などへの太陽光発電施設の整備に取り組んできたが、国が掲げる2050年のカーボンニュートラルの実現に向け、さらなる取り組みが求められていた。

 そんな中、1997年から子会社のNGKオホーツクが網走に進出し、地域経済はもとよりまちづくりに大きく貢献してきた日本ガイシが昨年、市に新電力会社の設立を提案。両者で検討、協議を重ね、地域新電力会社「あばしり電力」を設立した。

関連記事

函館新聞

女性力士、福島に集え 5月に「女だけの相撲大会」 出場者募集【福島】

 【福島】町観光協会は5月12日に開催する「北海道 女だけの相撲大会」の出場者の募集を開始した。新型コロナ禍などで中止があったため、1991年のスタートから今回が第30回の記念大会。町内外、国籍...

函館新聞

ふるさと納税返礼品にホタテガンガン焼きセット 鹿部町【鹿部】

 【鹿部】鹿部町のふるさと納税の返礼品にこのほど、ホタテの蒸し焼きが楽しめる「道産両貝ホタテ・ガンガン焼きセット」が加わった。地元特産のホタテを家庭で気軽に味わってもらうと、半斗缶に両貝ホタテが...

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス