北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大西町長らに贈呈 フレーム切手「襟裳岬の自然」【えりも】

大西町長にフレーム切手を贈呈する浦様似郵便局長(右)

【えりも】日本郵便道支社(札幌市)は28日、オリジナルフレーム切手「襟裳岬の自然」の販売を27日から開始したことを記念して町役場でフレーム切手の贈呈式を行い、日高地区連絡会地区副統括局長の浦宏忠様似郵便局長が大西正紀町長と写真提供の鈴木亜室町地域おこし協力隊員に切手を贈呈した。

 フレーム切手は、えりも町内にある襟裳岬の自然あふれる情景を題材として作成したもので、襟裳岬に棲息するゼニガタアザラシ、岬の断崖に咲く可憐なヒダカミセバヤ、短角牛と夕陽、コンブボートでの岬巡り、灯台と風の館など10枚の切手で構成されている。写真は、鈴木隊員が撮影した。

 贈呈式には町内4郵便局長も出席。受贈後に大西町長は「襟裳岬を中心に活躍している鈴木隊員の写真でのえりも町PRはありがたい。かつては、宣伝しなくても観光客で溢れた時代があったが現在は低迷ぎみ。国立公園化に向けて、えりもの魅力発信に一層努力するので今後とも支援願う」とあいさつ。

 浦様似郵便局長は「襟裳岬は貴重な動植物と自然景観の宝庫、日高全域発展の一環としても今後も発行し続けたい」と述べた。鈴木隊員は「撮影した写真を使用してもらいありがたい。今後も町発展のために最善を尽くす」と話した。

 フレーム切手は、管内全域郵便局のほか道内54局の郵便局で販売している。1シート構成は84円切手10枚、シート単位の販売で1シート1330円(税込み)。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス