北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

77歳小野田さん、あす有朋高の通信課程卒業 苫小牧

苫小牧市宮の森町の小野田広子さん(77)は19日、札幌市の有朋高校通信制課程を卒業する。もう後がない―と4年前、念願の高校入学を果たした小野田さん。「卒業するのは寂しい」と名残惜しそうにしながらも「勉強が楽しくて楽しくて、仕方なかった」と声を弾ませた。

「勉強が楽しかった」と笑顔の小野田さん

 岩見沢市出身。生まれてすぐに父親を亡くし、物心付いたときから青果店を営む母親の手伝いをした。手に職を付けなさい―との母の教えで中学卒業後は理容学校へ。「半強制的に行かされた」と笑う。

 19歳から姉が営む理容室で働き、21歳で結婚。6年後に夫の仕事の関係で苫小牧市に転居し、苫小牧民報社の販売所でスタッフとして勤務する傍ら、1989年からは趣味の書道の腕を生かして小中学生らを対象に書道教室を開いてきた。

 高校での勉強を夢見た小野田さんは何度も定時制高校への入学を検討。願書も3~4回取り寄せたが、息子2人の子育てと夫の母親の介護に追われて断念した。これ以上待てない―と、有朋高校に入学したのは73歳。月に2回、協力校の苫小牧東高校へ通学し、自宅での自習に励んだ。その結果、4年間で76単位を取得し、卒業を迎えた。

 「当初は、数学が難しくて分からなかった」が、勉強するうちに成績は上昇。「1年生の頃は5段階中3が多かったが、2年生以降は5になった科目がたくさんあった」と話す。4年間で200枚ほどの課題(リポート)をこなし、3年生の自主研究では書道の歴史についてまとめた。

 小野田さんは「リポートを解くのが楽しかった。全問正解だと万歳していた」と笑顔を見せる。「知らなかったことをたくさん知ることができた。家族の応援もあり卒業できた」と4年間を振り返り、「体力、気力があれば次に、通信制大学への入学も目指したい」と新たな意気込みも語った。

 同校によると、小野田さんは今年度の卒業生410人のうち最高齢という。

関連記事

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

釧路新聞

トキシラズ初水揚げ 定置網漁、市東部漁協「今後に期待」【釧路市】

 春のサケ・マス定置網漁が解禁となり、釧路市東部漁協で24日、高級食材として知られるトキシラズ(回遊中のシロザケ)などが初水揚げされた。  釧路管内の定置網漁は21日に解禁。同漁協では同日から網...

十勝毎日新聞

危険運転トラえる! おびひろ動物園 マオ、「広報官」に任命【帯広】

 帯広署(工藤博光署長)は23日、おびひろ動物園(稲葉利行園長)のアムールトラ「マオ」(雌、13歳)を「交通死亡事故抑止広報官」に任命した。危険な運転者を「捉(トラ)」え、交通死亡事故ゼロに「トラ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス