北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

米国学会から表彰、室工大など共同研究論文 最先端エンジンシステム【室蘭】

宇宙空間で作動するデトネーションエンジン(提供写真)=2021年7月

深宇宙探査用、実用化へ加速

 室蘭工業大学航空宇宙機システム研究センター(センター長・内海政春教授)が名古屋大、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、慶應義塾大と共同研究し、2021年7月に世界初の宇宙飛行実証に成功したデトネーションエンジン。研究結果をまとめた論文が、米国航空宇宙学会(AIAA)の「圧力増大燃焼論文賞2022」を受賞した。

 デトネーションエンジンは、メタンガスと酸素ガスの燃焼時に生じる衝撃波のエネルギーを推進力に変える仕組み。従来のロケットエンジンより軽量・小型化することができる。室工大は宇宙実験を行うフライトモデル本体の最終実験を、白老実験場で実施し、快挙達成に貢献している。

 宇宙飛行実証後、飛行データを解析してエンジン作動が安定していたことを確認。結果を論文として公開したところ、AIAAから高く評価された。研究チームは「深宇宙探査用キックモーター、ロケットの初段・2段エンジンなどとしての実用化に大きく近づいた」としている。

 エンジンの設計は、室工大工学部助手を務めていた名大の笠原次郎教授らの研究グループが主体となって行った。室工大は14年から研究に参加しており、エンジンシステムの確立に向けて尽力している。

 同大は24年度に予定されている次回の打ち上げに向けて、昨年7月と12月にも白老実験場で名大と共同で燃焼試験を実施している。内海教授は「デトネーションエンジンは宇宙輸送を革新させる技術。今後も技術開発に貢献していきたい」と抱負を語っている。

関連記事

釧路新聞

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス