北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

プチ・プレジール 北の屋台「感謝」の卒業 今月末で第7期終了【帯広】

 北の起業広場協同組合(帯広市、杉山輝子理事長)が運営する「北の屋台」(市西1南10)の第7期の営業が31日に終了する。今期で卒業するのは3店。うち、阿部誠さん、郁子さん夫妻(いずれも67歳)が経営するワインとチーズの店「プチ・プレジール」は、年齢を理由に、6期18年の営業に幕を下ろす。

「お客さんには感謝しかない」と話すプチ・プレジールの阿部誠さん(右)と郁子さん

 北の屋台(20店)は2001年のオープン以来、1期3年で店舗を入れ替えている。阿部夫妻は2期目から出店し、現在屋台で営業する店の中では最古参。17年のミシュランガイドにビブグルマン(星は付かないが、手頃でおいしい料理の提供店)でも掲載された。

 誠さんは、元は内装工事・デザインが本業で、屋台を立ち上げたまちづくり団体のメンバーだった。屋台設立時は工事やデザインを手がけたが、関わる中で店主として出店したいと思うようになり、郁子さんを誘い、同店を開いた。

 営業しながら研さんを積み、10年には「日本ソムリエ協会認定ソムリエ」の資格を取得。ワインの味や香りへの造詣を深め、メニューもワインとの相性を探って改良を重ねた。ビブグルマン掲載について、「屋台でも味を認めてもらえた。屋台全体への貢献ができたことが何よりうれしかった」と振り返る。

 誠さんは閉店理由を「あと3年で70歳。屋台の厨房(ちゅうぼう)に立つのは体力的に難しい」と説明。閉店公表後は全国から常連が訪れ、31日の最終営業日まで予約が埋まっている。「一つのテーブルを囲んで常連もいちげんも観光客も、同じ話題で盛り上がれるのが魅力だった。コロナ禍でも顔を出してくれるなど、お客さんに支えられて営業できた」と感謝した。

 ほかの卒業する2店は「串あげ将」と「ふくろう」で、屋台での最終営業日はそれぞれ25日、31日。4月以降、串あげ将は蝶屋ビル(市西2南10)、ふくろうはいなり小路(市大通南8)で営業を行う。

4月21日から第8期の営業

 北の屋台は4月21日、第8期の営業をスタートさせる。それに伴い、同1日から全店休業し、一部店舗の入れ替え工事などを行う。

関連記事

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

釧路新聞

トキシラズ初水揚げ 定置網漁、市東部漁協「今後に期待」【釧路市】

 春のサケ・マス定置網漁が解禁となり、釧路市東部漁協で24日、高級食材として知られるトキシラズ(回遊中のシロザケ)などが初水揚げされた。  釧路管内の定置網漁は21日に解禁。同漁協では同日から網...

十勝毎日新聞

危険運転トラえる! おびひろ動物園 マオ、「広報官」に任命【帯広】

 帯広署(工藤博光署長)は23日、おびひろ動物園(稲葉利行園長)のアムールトラ「マオ」(雌、13歳)を「交通死亡事故抑止広報官」に任命した。危険な運転者を「捉(トラ)」え、交通死亡事故ゼロに「トラ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス