北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

新畜舎に興味津々 大野農業高で1、2年生が見学会【北斗】

真新しい新牛舎を見学する生徒

 【北斗】大野農業高校(仲川敏幸校長)は16日、1、2年生131人を対象に2023年度から運用を開始する新畜舎の見学会を現地で開いた。道産材をふんだんに使った真新しい牛舎や羊豚舎を見て、生徒たちは作業効率を高め、快適に過ごせる学習環境に期待を膨らませた。

 新牛舎は鉄骨2階建て460平方メートルで、飼育頭数は乳牛20頭。現在のバケット搾乳(一頭ごとに牛乳を運ぶ)からパイプライン方式(牛乳を管を通し運ぶ)へと変更し、搾乳作業を効率化。2階に講義室を新設し、これまで校舎内で行っていた座学の授業を、牛を観察しながら同時進行できる。1階にはトイレ、シャワー室を設けた。牛は1階で飼い、2階の一部が吹き抜けになっており、ガラス張りの見学通路から牛が見学可能。2階に乾草収納庫、水槽も設置し、停電時でも牛に水を供給できる。

 羊豚舎は木造平屋建て360平方メートルで、最大で豚10頭、羊15頭を飼う。講義室やトイレ、シャワーを完備し、羊はガラス張りで外から見学できる毛刈り室を新設した。

 両施設とも老朽化が著しいことから、建て替えが決まった。建物は24日に引き渡し予定で、外構工事を経て秋頃に供用を始める。

 見学した園芸福祉科2年の田名部千紘さん(17)は「旧牛舎はボロボロだったので、新牛舎は作業がしやすくなったと思う。木材をたくさん使っており、心が落ち着く」と笑顔を見せた。

 農業科学科2年の一村将史さん(17)は「見た目が牛舎とは思えないほど、きれいな施設。シャワーや洗濯もでき、快適な学習環境が整備された」と評価。同科2年で乳牛班の伊藤寛斗さん(17)は「大きくて素晴らしい。施設ができて最初の卒業生として授業や実習を頑張りたい」と話した。

 24年度には新しい食品加工施設も完成し、農業を担う生徒に対し、より一層の教育環境を充実する。

 見学に先立ち、体育館で木育学習があり、森町の製材業「ハルキ」の取締役企画開発部長の鈴木正樹さんが講演した。

関連記事

函館新聞

五島軒、新業態のカフェ27日に営業開始 本店1階ロビー アフタヌーンティ..

 函館の老舗レストラン・五島軒(若山豪社長)は27日から、末広町の本店1階で新業態となるカフェ営業を始める。宴会場の待合室として利用していたロビーを活用し、「ブリューネ&エリザベス」としてオープ...

函館新聞

春告げるアサリ漁 北斗で始まる【北斗】

 【北斗】市沿岸で24日、春の訪れを告げる今季のアサリ漁が初操業を迎えた。館野地区の前浜では、午前9時ごろから漁師約10人が熊手を手に、アサリの採捕に汗を流した。  道内でも珍しい砂利わらで...

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス